名古屋錦町のあやかし料亭~元あの世の獄卒猫の○○ごはん~

作品番号 1608120
最終更新 2020/09/24

名古屋錦町のあやかし料亭~元あの世の獄卒猫の○○ごはん~
その他

66ページ

総文字数/ 167,925

元地獄の補佐官だった猫妖怪が贈る、優しい料理のお店
あらすじ
名古屋は錦町。

歓楽街で賑わう片隅に、一つの小料理屋が佇んでいた。風俗などの同伴などもなく、ごく普通の客層で賑わう店の店主には、少し秘密がある。

店主が望んだ『心の欠片』を引き出す客には、店主の本当の姿ーー猫の顔が見えてしまうのだ。

元地獄の補佐官だった猫が経営する、名古屋の小料理屋さんのお話。地獄出身だからって、人間は食べませんよ?

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop