悪魔公爵鷲頭獅子丸の場合

作品番号 1591938
最終更新 2020/06/06

悪魔公爵鷲頭獅子丸の場合
ファンタジー

119ページ

総文字数/ 93,362

「俺は、絶対に聖人の魂を、持ち帰らないといけないんだよ!」
あらすじ
悪魔公爵ウァプラの最後にして最愛の息子と称される獅子丸は、人間界への修行を命じられる。『聖人』の魂を持つ涼介と悪魔の契約を交わし、その魂を魔界に持って帰らなければ、獅子丸は真の息子として認められない。人間界で知り合った下級妖魔の沼女、スヱと共に、涼介の魂をめぐる争いが始まった。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop