転生帰録──鵺が啼く空は虚ろ

作品番号 1716799
最終更新 2024/03/03

転生帰録──鵺が啼く空は虚ろ
現代ファンタジー

63ページ

総文字数/ 62,421

2月3日(初回投稿)のみ、第一章を全て投稿しました
次回からは一話ずつ投稿します
※不定日21時更新です

表紙作成…百和様(フリー素材ではありません。転載転用等はしないでください)

本作品は「小説家になろう」「Nolaノベル」「NOVEL DAYS」「pixiv」にも投稿しています
あらすじ
 九百年あまり前、頭は猿、胴体は猪、尾は蛇、手足は虎である鵺という怪物が現れた。ある武将達によって討ち取られたが、その身に呪いを受けてしまい、翌年命を落とす。
 それでも呪いは終わらない。鵺は彼らを何度も人間に転生させ殺し続ける。
 三十四回目の転生者、唯蕾生と周防永は現在男子高校生。二人はある研究所に見学に行った。そこで不思議な少女と出会う。彼女はリン。九百年前に共に鵺を倒した仲間だった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop