ポンコツ錬金術師、魔剣のレプリカを拾って魔改造したら最強に ~出来損ない同士でスローライフを目指していたら、魔王と勘違いされました~

異世界ファンタジー

椎名富比路@映画愛好家/著
ポンコツ錬金術師、魔剣のレプリカを拾って魔改造したら最強に ~出来損ない同士でスローライフを目指していたら、魔王と勘違いされました~
作品番号
1725507
最終更新
2024/07/17
総文字数
223,070
ページ数
71ページ
ステータス
未完結
いいね数
45
ランクイン履歴

異世界ファンタジー20位(2024/06/30)

ファンタジー21位(2024/06/30)

ランクイン履歴

異世界ファンタジー20位(2024/06/30)

ファンタジー21位(2024/06/30)

出来損ないが最強になる旅


 錬金術師を目指す主人公キャルは、卒業試験の魔剣探しに成功した。
 キャルは、戦闘力皆無。おまけに錬金術師は非戦闘職なため、素材採取は人頼み。
 ポンコツな上に極度のコミュ障で人と話せないキャルは、途方に暮れていた。

 意思疎通できる魔剣【レーヴァテイン】も、「実験用・訓練用」のサンプル品だった。
 しかしレーヴァテインには、どれだけの実験や創意工夫にも対応できる頑丈さがあった。
 
 キャルは魔剣から身体強化をしてもらい、戦闘技術も学ぶ。
 魔剣の方も自身のタフさを活かして、最強の魔剣へと進化していく。
 キャルは剣にレベッカ(レーヴァテイン・レプリカ)と名付け、大切に育成することにした。

 クラスの代表生徒で姫君であるクレアも、主人公に一目置く。
 彼女は伝説の聖剣を
「人の作ったもので喜んでいては、一人前になれない」
 と、へし折った。

 自分だけの聖剣を自力で作ることこそ、クレアの目的だったのである。
 その過程で、着実に自身の持つ夢に無自覚で一歩ずつ近づいているキャルに興味を持つ。
あらすじ
 魔法学校最終試験の日、劣等生のキャルは最強の魔剣「レーヴァテイン」を拾う。
 だがレーヴァテインいわく、自分はレプリカだという。
 キャルはその剣にレベッカと名付けた。
 とはいえ、その実力は本物だった。
 キャルの身体にレーヴァテインの戦闘システムが憑依し、ボスクラスすら瞬殺してしまう。

 魔剣の強さに興味を持った王女と共に、レベッカを最強の魔剣にする旅が始まった。

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop