夏休みは境界。公開告白される君と3日間の旅~小豆島・豊島編

作品番号 1620551
最終更新 2020/11/21

夏休みは境界。公開告白される君と3日間の旅~小豆島・豊島編
恋愛・青春

34ページ

総文字数/ 81,451

金曜日の放課後、『公開告白』が5年と3ヶ月の間ずっと 行われてる。
今日も君 は告白されて、ぼくは
そんな君を階段で待ってる。

ギャラリスト
ハジメが芸術祭で会う
小さく、大人な階段を登る
恋物語が 始まった。

レンとシオンの小学生時代を
オマージュにしてストーリーを
作っていますので、『喪主する君と二人だけの弔問客』の世界観を
重ねても読んで下さればと。
あらすじ
『公開告白』される学校で
1番有名な女子。
僕は、スクール水着じゃない
海水パンツを買わされて、
『夏休みの家族旅行』
彼女と家族と一緒に 行く。

深夜に 乗り込むのは、
島航路の巨大なフェリー。
そこで出会ったのは
子供みたいな 大人
ギャラリストだった。

『喪主する君と二人だけの弔問客』
『喪主する君と青い春』
『首都に在るホテルに住まう貴公子』連作

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop