あの頃、きみと陽だまりで

作品番号 1349309
最終更新 2017/02/15

あの頃、きみと陽だまりで
[原題]キミという花
青春・恋愛

165ページ

総文字数/ 96,250


世界は まっくらだ。

どこまで行っても変わらない

それならいっそ、捨ててしまおうと

私は自分の殻に閉じこもった。



だけど

顔を上げれば希望があること

あなたが、教えてくれた



それは、7日間のあたたかな日々



****



不登校の高校生
深津なぎさ(ふかづ なぎさ)17歳



突然の同居人
早坂新太(はやさか あらた)20歳



****



ゆっくりでいい

立ち止まってもいい

どんなことだって

キミという花になる



****

start/20160712
end/20160815


レビューありがとうございます
きむねーさま
桜cHerryさま

2017/2/28
スターツ出版文庫より書籍発売中です
(こちらは改稿前の内容となります)


この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:風音ソラさん
ネタバレ
感動しました。
レビューを見る

2019/10/23 20:48
★★★★★
投稿者:咲原 麻衣さん
ネタバレ
感動!
レビューを見る

2017/05/19 21:49
★★★★★
投稿者:八井 光音さん
ネタバレ
泣きまくりました
レビューを見る

2016/12/27 16:57

この作品の感想ノート

ボロ泣きでした。
泣いて泣きすぎて、やっと落ち着いたかと思ったらまた泣いて。
布団に潜って読んでたんですが
おかげさまで布団は濡れてます笑。
まさか新太があの時死んでたなんて……。
続き読みたいって気持ちはすごくあるんですが、難しいですかね?
私あんまり泣かない方なんですけど、ボロ泣きって相当ですよ。
それも長い間。
こんな幸せなお話ありがとうございます。
私も、時々自分の存在意義が分からなくなる時があるんです。
それもあってか、自分を重ねて読んでたんでしょうね。
予定以上に泣いてます……。
多分もう一回読みます。
で、またいっぱい泣きます。
素敵なお話、ありがとうございました。

2022/10/13 01:09

こちらの作品もめちゃめちゃ感動しました。最初は思春期のハッピーエンドのお話だと思って読んでいましたが霊界でのストーリーだったんですね。
新太くんの思いやりと行動に号泣、、読み終わるまでに展開が変わって欲しかったです。電子書籍は加筆してあるとの事で機会があれば購入しようかと思ってます。

2021/05/23 12:42

初めて読まして頂きました。
新太の優しさが伝わってきて、とても心が温まりました。渚が新太に会えたのは実はお父さんのおかげだったことに驚きました!
これからも頑張ってください

ハル秋さん
2018/10/13 21:22

この作品のひとこと感想

すべての感想数:214

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop