春の雪、喪主する君と二人だけの弔問客 滋賀編

作品番号 1606053
最終更新 2020/07/11

春の雪、喪主する君と二人だけの弔問客 滋賀編
恋愛・青春

67ページ

総文字数/ 107,209

「悪いけど、母さんのかわりに
お通夜に行ってくれない?」

電話の向こうで母親は 頼んできた。

もう十年は会っていない、従兄弟が
喪主をする。

あの夏休み以来、きっと
自分の恋心は、止まったままだ。

私は、過去の自分達に出会う為、
旅にでる。
喪主する君に、会う為に。



あらすじ
休日を利用して、自身のルーツを訪ねる独り旅をしていた シオンは、急遽 旅先にもかかわらず、母親の名代として 親族の通夜式に出ることになる。それは 子供の時以来に再会する従兄弟が喪主の式。たった独りで葬儀を出す レイと、絶縁状態のレイの弟ルイ。そして シオンの 3人での通夜式。その日は、春間近にもかかわらず 記録的な大雪が 降る日。 幼い恋を思いだしつつ 喪主と二人の弔問客の通夜はふけていく。

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop