異界転生譚シールド・アンド・マジック

作品番号 1685458
最終更新 2023/01/29

異界転生譚シールド・アンド・マジック
異世界ファンタジー

52ページ

総文字数/ 184,938

 古槍 紙月(ふるやり しづき)二十二歳。男性。大学生。趣味は資格取得とMMORPG。そんなどこにでもいそうな経歴の持ち主である紙月は、ある日突然、見知らぬ世界で目覚めるや化け物に襲われることに。
 MMO内の相棒であったMETOの助けもあり、ゲームの魔法を使って化け物を退ける紙月たち。どうやら彼らはゲームの体で異世界に飛ばされてしまったらしい。
 一息ついてお互いを確認してみれば、紙月は女性キャラクターを使っていたからか女性……ではなくなんと女装していた。
 そして相棒のMETOこと衛藤未来はなんと小学生。
 女装ハイエルフとケモ耳小学生の凸凹コンビは、ファンタジーな異世界で冒険屋として生計を立てていくことになるが、そのデビューからチートなスキルで大物退治を繰り広げてしまい、一躍時の人に。
 森の魔女と盾の騎士として有名になった二人は、ファンタジー世界を楽しみながら冒険を繰り広げていくことになる。
 紙月は保護者精神を発揮し、未来は未来でひ弱な紙月を守ろうとする。
 二人の間で揺れ動くキモチの行方とは。
 女装ハイエルフママ男子とケモ耳小学生の異色の異世界ファンタジー冒険譚はどこへ向かうのか。
あらすじ
 古槍紙月と衛藤未来は、ゲームの中でだけの知り合いだった。
 ある日彼らはゲームの世界の力を身に着けて、見知らぬ異世界に飛ばされていた。
 女装ハイエルフとケモ耳小学生の凸凹コンビは、ファンタジーな異世界で冒険屋として生計を立てていくことになる。
 二人の間で揺れ動くキモチの行方とは。
 女装ハイエルフママ男子とケモ耳小学生の異色の異世界ファンタジー冒険譚はどこへ向かうのか。

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop