彼女のテレパシー 俺のジェラシー

作品番号 1607288
最終更新 2020/06/30

彼女のテレパシー 俺のジェラシー
恋愛・青春

52ページ

総文字数/ 97,853

高校に入学したその日から、俺、神崎孝明は出席番号が前の川内遥が気になっている。
けれどロクに話し掛けることもできずに一年が過ぎ、二年生になってしまった。
偶然にもまた同じクラスになったのだが、やっぱり特に話をすることもなく日々は過ぎる。けれどある日、川内のほうから話し掛けてきた。
「実はね、私、園芸部なんじゃけど」
そうして、同じクラスの尾崎千夏、木下隼冬とともに園芸部に入部することになった。

一緒に行動しているうち、俺は川内と付き合うようになったが、彼女は植物と心を通わせられるようで?

四人の高校生の、青春と恋愛の物語。

※ 作中の高校にモデルはありますが、あくまでモデルなので相違点は多々あります。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop