蒼緋蔵家の番犬 1~エージェントナンバーフォー~

作品番号 1670808
最終更新 2022/06/20

蒼緋蔵家の番犬 1~エージェントナンバーフォー~
ミステリー

266ページ

総文字数/ 317,264

他者から見れば、その「戦闘能力」と「殺戮衝動」は異常だった。学生時代にエージェントにスカウトされた雪弥は、最年少で一桁ナンバーになった最強エージェントとして知られていた。

日本人なのに、青い目。灰色かかった髪――彼の「爪」はあらゆるもの、そして怪異さえも切り裂いた。

『蒼緋蔵家の番犬』

彼の知らないところで『エージェントナンバー4』ではなく、その実家の奇妙なキーワードが、彼自身の秘密と共に、雪弥と、雪弥の大切な家族も巻き込んでいく――。
あらすじ
 雪弥は、自身も知らない「蒼緋蔵家」の特殊性により、驚異的な戦闘能力を持っていた。正妻の子ではない彼は家族とは距離を置き、国家特殊機動部隊総本部のエージェント【ナンバー4】として活動している。
 彼はある日「高校三年生として」学園への潜入調査を命令される。24歳の自分が未成年に……頭を抱える彼に追い打ちをかけるように、美貌の仏頂面な兄が「副当主」にすると案を出したと新たな実家問題も浮上し――!?

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop