六星行者【一之卷】~銀翼の天子

作品番号 1554852
最終更新 2019/07/26

六星行者【一之卷】~銀翼の天子
ファンタジー

758ページ

総文字数/486,688

 密教の流れを組む、行者の一族に生まれた主人公──甲本 薙

甲本家を含む行者の六氏族は、平安の昔から『六星一座』と呼ばれ、怪異を除き、大和国を護るという重い役目を頂いていた。

 その『首座』として選ばれた薙は、父の死後、初めて自らの過酷な運命を知らされる。

戸惑いと焦燥の中で、次々に巻き起こる怪事件──
伝燈の密印を結び、悪霊を払う異能の闘い。

果たして薙は、己の天命を受け入れ、最大の敵『鈴掛一門』を封じる事が出来るのか?

 天才行者・薙の、首座着任までの道のりを描いた【天子降誕の章】から、感動の最終話【転生輪廻の章】まで全五卷の大長編和風ファンタジー。
あらすじ
密教の流れを組む行者の一族に生まれた、甲本 薙。

甲本家を含む、六つの行者一族は《六星一座》と呼ばれ、平安の昔から怪異を除き、国を裏から護る役目を頂いていた。

その首座として選ばれた薙は父の死後、初めて、自らの過酷な運命を知る。
戸惑いと焦燥の中で、次々に巻き起こる怪事件。
伝燈の密印を結び、悪霊を払う異能の闘い。
果たして薙は己の使命を受け入れ、最大の敵《第六天魔》を封じる事が出来るのか?

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop