あした天気になあれ

作品番号 1641912
最終更新 2021/07/28

あした天気になあれ
恋愛・青春

147ページ

総文字数/ 126,621


春の放課後、柔らかな青空の下。教室で少女が喚いていた。


「なんで喋った。あたしと主催者の世界なんだ、

お前みたいな部外者が踏み入ると穢れるんだよ」



少女は、よく知っている人だった。

いや、知っているつもりの人だった。



「……君は、誰?」


その人は、じんわりと、悲しみを孕んだ笑みを浮かべた。


「綸だよ。夜久綸」


「……違う、そうじゃなくて。

君自身は、誰?」


おれの問いに、その人はどうしようもなく美しく、

どうしようもなく静かに、微笑んだ。


「……おれはおれだよ。この世界の住人で、傍観者だ」



床に散らばる折れた絵筆、

部屋中に飛び散った色水、

破れたカンヴァス。


窓から射す光ときらきら舞う埃。


外の、草花が風に揺れ、

日が昇っては沈む様とは不釣り合いなそれらは

あまりに美しく時を止め、

荒廃した世界を創り出していた。



「大丈夫。君の世界は壊れたりしない。

見る人をそこに吸い込むんだよ。

おれは、この世界が大好きだよ」



夜空に散りゆく花よりも

野原に芽生える花よりも

涙と寂寥に潤んだそのぬくもりが

心地いい。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop