悪を撃ち抜く正義の弾丸

作品番号 1672717
最終更新 2022/10/01

悪を撃ち抜く正義の弾丸
異世界ファンタジー

27ページ

総文字数/ 76,559

ランクイン履歴:

異世界ファンタジー:43位(2022/07/21)

ファンタジー:50位(2022/07/21)

 タイトル:悪を撃ち抜く正義の弾丸(ジャスティス・バレット)

 ある日、ゴルディア国は勇者召喚をした。召喚するのは伝承にある【剣の勇者】【槍の勇者】【弓の勇者】の三人のはずだった。
「あれ、四人居るんですけど?」
 実際に召喚されたのは四人。一人は巻き込まれてしまったようだ。

 巻き込まれた三〇歳の弾路(ダンジ)のクラスは【弾丸の勇者】だったが、勇者たちを召喚した第一王女サマンサは【弾丸】という部分だけを聞いて、役立たずと判断した。
 この世界には銃もなければ弾丸もないからだ。

 サマンサの命令で森に連れて行かれ密かに処分されることになった弾路だったが、不憫だと思った騎士が手加減して弾路を生かしてくれた。
 弾路は流れ出る血を止めるために、傷口を火薬で焼いた。酷い痛みに、サマンサを呪いたくなる。

 森を彷徨って街道に出た弾路は、盗賊に襲われている女公爵をたまたま助けてしまった。それが縁で女公爵から家をもらい伴侶候補としてアプローチを受けるのだが、鈍感弾路にはそれが分からない。
あらすじ
 王女に召喚され、殺されかける。
 女公爵を助け、求愛される。
 主人公弾路は復讐を望むか、それとも平穏を望むか。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop