蒼緋蔵家の番犬 3~現代の魔術師、宮橋雅兎~

作品番号 1671600
最終更新 2022/06/30

蒼緋蔵家の番犬 3~現代の魔術師、宮橋雅兎~
ミステリー

334ページ

総文字数/ 154,550

ランクイン履歴:

ミステリー:5位(2022/07/04)

それは橋端真由が来るよりほんの少し前のこと――雪弥が引き合わされたのは、『L事件特別捜査係』の美貌の刑事、宮橋雅兎だった。
あらすじ
雪弥は、異常な戦闘能力を持つ「エージェントナンバー4」だ。里帰りしたものの、蒼緋蔵の屋敷から出ていってしまうことになった。思い悩んでいると、突然、次の任務として彼に「宮橋雅兎」という男のもとに行けという命令が出て……?

雪弥は、ただ一人の『L事件特別捜査係』の刑事である宮橋雅兎とバディを組むことになり、現代の「魔術師」と現代の「鬼」にかかわっていく――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop