きみが明日、この世界から消える前に

作品番号 1607623
最終更新 2020/08/27

きみが明日、この世界から消える前に
[原題]きみが明日も生きてくれますように。
恋愛・青春

35ページ

総文字数/ 78,897

ランクイン履歴:総合8位 (2020/08/23)

死にたくなったあの日、出会ったのは、俺のストーカーだった。
あらすじ
幼なじみが知らない男とキスをしていた。
死にたい。思わず呟いたら、見知らぬ女の子に全力で止められた。
俺のストーカーだった。

「失恋したなら、私と付き合いませんか」
「私のこと好きじゃなくていいです。都合の良い存在でいいです。ただ、傍に置いてください」

幼なじみへの失恋を受け入れられない少年と、そんな彼につきまとう少女の、苦い青春のお話。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

書籍を読ませていただきました。
この作品は"恋愛"でしたけれど、若者の「死にたい」という気持ちを
小説で表していることが素敵でした。実際自分もそう思ったこともたくさんあったので、
同感でき、そして感動できる作品でした。
こんな、暖かく、爽やかな作品をありがとうございました。

2022/05/24 19:27

書籍を読ませていただいたので。

書籍版とweb版をどちらも読めるのは、新鮮なことと思います。
読了ツイートでも交流させて頂きましたが、どんな違いがあるのだろうと思ってわくわくしながら読みました。

書籍で好きだった、「ぜんぶ、見失ってしまった」の一文がないのは残念でしたが、
 片想いした
 ……死にたくない
などの発見があり、登場人物の心情に満ちた"幸せ"を強く感じました。
平仮名が多い、まあるい作品なのですね。

「うみー!」って叫ぶところは存在して嬉しかったです。


紅茶のような爽やかな作品を、ありがとうございました。

2022/02/01 11:36

この作品のひとこと感想

すべての感想数:376

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop