きみとぼくの、失われた時間

作品番号 653316
最終更新 2018/01/23

きみとぼくの、失われた時間
[原題]15のチルド
ヒューマンドラマ

288ページ

総文字数/ 187,350

「俺はどうして15年後の世界にいるんだろう」

1996年某月の金曜日、俺は失踪したらしい
15年経った今も行方どころか情報さえ掴まらないまま
何処で何をしているのか誰も知らない、らしい。

他人事のように語る、俺自身も状況は分かっていない。
何故なら失踪した俺は、こうして2011年に立っているから。 
 
1996年の時点で15だった俺は
2011年でも15の“少年”として此処で生きている―――…。

【2016.5.28 文庫化:旧題『15のチルド』】
内容・キャラは大幅に変更
舞台は1996年⇒2011年から(30歳に会う君達から)
2006年⇒2016年へ(25歳に会う君達へ)
あらすじ
15歳の健は、失恋し、友達とは喧嘩、両親は離婚の危機…と自分の居場所を見失っていた。神社で眠りに堕ち、目覚めた時には10年後の世界にタイムスリップ。そこでフラれた彼女、親友、家族と再会するも、みんなそれぞれ新たな道を進んでいた。居心地のいい10年後の世界。でも、健はここは自分の居場所ではない、と気づき始め…。『今』を生きる大切さを教えてくれる、青春物語!

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:沖田 円さん
ネタバレ
15のチルド
レビューを見る

2014/02/15 00:30
★★★★★
投稿者:綺森さん
永くて一瞬の、15
続きを見る

“その日”は15歳の主人公にとって、とてつもなくついてない1日だった。 朝から親と喧嘩するし、親友のことも怒らせてしまうし、好きな子が告白されているところまで目撃してしまった。 些細なことも大きなことも重なってしまって、15歳の少年は、自分の居場所はどこにもないのではないかと考えてしまった。 すると、少年が次に目が覚めたのは、15年後の世界だった。 その世界で出会ったのは、30歳の親友と好きな子。成長したふたりと対面した15歳の少年は、そこで何を見るのだろう。 変わった街並み。働くふたり。学生服の自分。 そこで、本当に大切なものを、彼は見つける。 探していたものは、すぐそばにあったんだ。 作者さまのメッセージが、ぎゅっとつまった作品だと思います。温かい、でも、切ない。素敵な作品です。 とても好きな作品です。素敵なお話をありがとうございました。

2013/10/04 09:54
★★★★★
投稿者:夢朶雨さん
子供から大人へ
続きを見る

15歳の主人公が、まさかまさかの15年後へトリップしてしまった?! 悩み多きお年頃、現実逃避だってするでしょう。したいでしょう。 でも実際そうやって現実逃避して、そうして嘆いて、そのあとをどうするかが大事なんです。 15っていうのは、子供から大人へと変わる大事な時期。それをどう過ごすのか。親友、家族、片恋相手。悩みがあったっていいんだ。 そうして、子供から大人になるものだから。そうして、心身共に成長していくものだから。 はっきり言います。泣きました。特別なようで特別でない、誰だって抱く感情に、嗚咽を漏らしそうになりながらも泣きました。 感動して涙を流したい方は、是非この作品を拝読してみては如何でしょうか。

2013/08/10 01:42

この作品のひとこと感想

すべての感想数:133

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop