レンズ越しに、一凛のとこ花

作品番号 1607940
最終更新 2020/06/30

レンズ越しに、一凛のとこ花
haru/著
恋愛・青春

93ページ

総文字数/ 107,589

未設定
あらすじ
『夢を見られるのは、本当に手の届くところに夢がある人だけ』

そんなふうにひねくれながらも、未だに何となく写真を撮り続けている大学生、嶋野螢。

しかし螢は、おもわずシャッターを切られずにはいられなかった女性と出会う。

彼女の潤んだ瞳が、あまりにも透き通ってきれいだったから。

それがきっかけで彼女と過ごす時間が増えるが、どこか謎めいたところを感じていた。

その謎を知ったとき、螢は――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop