それでもキミに恋をした

作品番号 1589258
最終更新 2020/02/14

それでもキミに恋をした
恋愛・青春

10ページ

総文字数/56,720

心臓の病気で幼い頃から入退院をくり返している海里は、その中でも特に長い入院生活から解放され、三カ月遅れで高校入学を果たす。
しかしそれは、もう長くは生きられないことを見越して、担当医から与えられた、最後の自由な日々だった。

医師から父宛の手紙でその事実を知ってしまった海里は、自暴自棄になって夜の街へ飛び出す。
そこで偶然出会った女性――真実と、これまで想像もしたことがなかった日々を過ごすことになる。
誰かを好きになったり、その人のために何かをしたいなんて気持ち、一生経験することはないと思っていた――。

しかし元恋人のストーカー行為に悩まされている真実は、たびたび危険な目に遭い、そのたびに海里は自問自答することになる。
傍にいるのは、俺でいいのか。
俺に何ができるのか。
何をしなければならないのか。
自分自身が本当に望んでいるのは、どうすることなのか――。

何にも誰にも執着を残さないことを信条に生きてきた海里が、運命の出会いの末に選ぶ道は――。
あらすじ
タイムリミットはあと少し……なのに、ごめん。それでもキミに恋をした――


自分の命がもう長くないと知った夜、俺はその人と出会った。
ダメだとわかっていても、傍にいたくて、笑ってほしくて……
惹かれる心は止められない。

ごめん。それでもキミに恋をした――

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop