PRINCESS SWORD―姫のツルギは恋を貫く―

作品番号 1593489
最終更新 2020/03/11

PRINCESS SWORD―姫のツルギは恋を貫く―
ファンタジー

95ページ

総文字数/ 155,809

運命というものがあるのなら、それは、多数の枝を持つ大樹のような姿をしているに違いない。
何かの本で、そんなふうに読んだ。

恋に恋するお嬢様、鈴蘭がある夜見た夢は、鮮烈な流血のウェディング。
赤い雫のしたたる銀色のツルギを振るう彼女は――

「1度リセットさせて。必ず、わたしが幸せな未来を創るから」

相応の代償を差し出すならば、どんな願いでも叶える宝珠、四獣珠。
その預かり手として異能を授かった鈴蘭は、同じ異能使いたちと出会いながら、恋する心を自覚していく。

振りかざすツルギは血に濡れて、“運命の一枝”は病み続ける。
それでも彼女は恋をする。

学園ラブ×異能×暴走族×SFファンタジー×ロック!

***

「運命の一枝」シリーズ:
同じ登場人物による別々の物語。パラレルワールド。
運命は多数に枝分かれするものだから、ほんの些細なきっかけで、彼らは別々の道をたどり得るのだ。
あらすじ
恋に恋するお嬢さま、癒しの異能を司る鈴蘭は、生徒会長に片思い中。ところが、血みどろの結婚式の夢を見た朝、平穏な学園生活が急変する。青獣珠がツルギに姿を変え、役目を果たせと鈴蘭に告げたのだ。
引き寄せ合う四つの宝珠とその使い手たち。ツルギのチカラが働くとき、時間の巻き戻しが起こる。それはなぜ?
疑惑と不安のさなか、生徒会長の弟で銀髪の不良少年の煥《アキラ》へと、鈴蘭は次第に心を動かされていくのだが。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop