白うさぎと呼ばれる娘、物の怪と呼ばれる荒神の贄になったら幸せな花嫁になりました

作品番号 1708150
最終更新 2023/12/10

白うさぎと呼ばれる娘、物の怪と呼ばれる荒神の贄になったら幸せな花嫁になりました
あやかし・和風ファンタジー

66ページ

総文字数/ 78,544

ランクイン履歴:

総合:16位(2023/12/19)

あやかし・和風ファンタジー:4位(2023/12/17)

     『化け物』と囁かれ「うさぎ」と名付けられた少女は、
     物の怪神の『花嫁』になる。

     うさぎは、生まれながら白髪、赤目という容姿のため、
     一族や村人に疎まれて育った。

     ある日、村が祀る神社の百年に一度の「遷宮」が始まるので、うさぎの家『槙山』家は
     仮住まいの屋敷と神をお世話する女性『贄』を提供する。

     本妻の娘美月の代わりに脇腹であるうさぎが選ばれることに。

     その姿を見た者の情報で、密やかに「物の怪様」と呼ばれている
     恐ろしい姿の神で、お世話いうよりていのいい生贄であることを、
     うさぎは重々承知であった。

     「今もこれからも同じ、いえ、神の御力の前にしたら私はすぐに絶命するでしょうから、その方が幸せかも」と、
     「物の怪」神の元に嫁にいくうさぎであったが――
あらすじ
 棘々を纏った大柄なゆえに「物の怪」と呼ばれた荒々しくも美しい神様と、
 その容姿ゆえに虐げられて生きてきた娘うさぎの物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:12

この作品をシェア

pagetop