烏の王と月の花嫁

作品番号 1701885
最終更新 2023/12/17

烏の王と月の花嫁
あやかし・和風ファンタジー

95ページ

総文字数/ 102,765

ランクイン履歴:

総合:16位(2023/12/26)

あやかし・和風ファンタジー:4位(2023/12/26)



〈 吸血鬼の少女が烏の王に嫁ぎました 〉


吸血鬼の血を濃く受け継いだ媛見家の次女、月夜は太陽の光を浴びることができず、ほとんど家に閉じ込められて育った。


そんな月夜の心の拠り所は毎年誕生日に贈り物をくれる〈からす〉だった。


しかし、唯一家族として接してくれていた祖母が死に、月夜はいよいよ窮地に立たされる。


そんなときに現れたのは媛見家よりも格上の、上級華族である烏波巳家の当主、縁樹だった。


「遺言のとおり、月夜さんとの縁談を望みます」


祖母の残した遺言状を見た両親は態度が急変。


今まで虐げていた月夜を大事な娘として扱うようになる。


太陽の化身である烏の王と太陽が苦手な少女のあやかし婚姻譚。



この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:28

この作品をシェア

pagetop