僕が弓道を続ける理由

作品番号 1602423
最終更新 2020/05/26

僕が弓道を続ける理由
恋愛・青春

106ページ

総文字数/ 101,174

「早気」という弓道をやる上で致命的な病気にかかってしまった真弓一は、弓道をやるきっかけをくれた神道翔から対外試合禁止中の男子弓道部再建を託される。大好きな弓道をこれ以上嫌いになりたくない。その思いから弓道を辞めていた一は、自分に再建なんてできないと思いつつも、幼馴染である楠見凛に射形の指導をすることから、再び弓道に関わり始める。

一が弓道を続ける理由が書かれた青春ドラマ、ここに開幕。

主な登場人物

・真弓 一 (まゆみ はじめ)
本作の主人公。中学生の頃に「早気」に陥ってしまう。
そのせいで弓道の道を諦めようとする。
比較的おとなしい性格で他人に迷惑をかけたくないといつも思っている。

・楠見 凛 (くすみ りん)
一とは幼馴染。一と同じ草越高校に進学し、女子弓道部に所属している。
いつも元気で明るく、その性格から男女と呼ばれることも。
それでも甘い食べ物が大好きという女の子らしい一面も持ち合わせている。

・神道 翔 (しんどう かける)
中学生の頃から数々の弓道大会を制覇してきた、弓道の天才。
草越高校では全国三連覇の中心として活躍をした。
凛の従兄であり、一も小さい頃からよく遊んでもらっていた。
一にとって、憧れの存在でもある。

・高瀬 颯太 (たかせ そうた)
弓道が大好きな一のクラスメイト。楽しいことが好きで、明るい性格の持ち主。
イケメンで女子の間では「爽やか王子」ともてはやされている。
そんな高瀬本人は凛のことが大好きで、一に凛の話をよくする。

・古林 修 (ふるばやし おさむ)
一のクラスメイト。中学生の頃から弓道をしていた弓道経験者。
教室ではいつも一人でいて、クラスメイトと話すことがほとんどない。
しかし弓道の話になると、饒舌になる。

・雨宮 楓 (あまみや かえで)
草越高校女子弓道部の部長。
自宅に弓道場があるほどのお金持ちの家で育つ。

・的場 (まとば)
現国の臨時教師。草越高校男子弓道部の顧問になる。
学生時代、弓道の経験がある。
生徒に対してフレンドリーで、話しやすい先生。

・大前 早希 (おおまえ さき)
松草中学の弓道部に所属している女の子。

・橘 琢磨 (たちばな たくま)
中学生の頃、一と同じ弓道部に所属していた。
一とは互いに認めるライバル関係だった。
弓道の強豪である岩月高校に進学し、弓道を続けている。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop