異世界ロック

作品番号 1556776
最終更新 2019/07/22

異世界ロック
ファンタジー

22ページ

総文字数/21,997

 かつて僕が暮らすこの世界には、多くのロックスターが存在していた。
 父親の影響で、古い音楽を聴く機会が多く、今では数少ないロックスターに憧れていた。
 僕もいつかロックスターになりたいと夢を見て、ギターやピアノを習い、家ではホウキを手に歌っていた。
 友達とバンドを組んでライブをして、少しばかりの人気を得たけれど、ライブハウスのオーナーに、お前らのは本物じゃないと言われてしまった。ロックがなんなのかをまるで分かっていないな、と。ただのモノマネロックに騙される奴が多過ぎるんだ。
 そんなことを言われて黙ってはいられなかった。だったら本物をおしえてくれよ! と食ってかかった。
 するとオーナーは、僕が知っている古い時代のロックスターの名前を並べて、それを聞いて勉強するんだな。なんて言う。奴らの中には今でも現役がいるから、直接会いに行くのも手だけどな。
 ふざけるな! って思ったけれど、僕たちの音楽が彼らには遠く及ばないってことも理解していて落ち込んでいると、背後から声をかけられた。
 だったら行ってみるかい? あんた達なら、なんとかなるかも知れないな。
 振り返るとそこには、数ヶ月前に死んだとされていたエンケンの姿が見えた。エンケンは、この世界のロックスターの一人だって僕は信じていた。
 ロックが何処で生まれたかは知っているかい? 残念だけど、アメリカでもイギリスでもないんだ。もちろん日本でもない。こことは別の世界、異世界の音楽だって言ったら信じるかい? この世界のロックスターは大抵が異世界生まれなんだ。オイラも含めてな。なんてことをエンケンは笑顔交じりに語っていた。
 エンケンの姿を見て、オーナーも笑顔を見せる。そして、戻ってくるとは思わなかったよ。エンケンに向かってそう言った。
 あんたが面白いバンドがいるって言うから、来てみたんだよ。確かに面白い。残念なことに、今じゃあ異世界でもロックは衰退しているんだ。彼らなら、こっちの世界もあっちの世界も救ってくれるかも知れない。その気があるなら取り敢えず今から行ってみるかい?
 エンケンにそう言われ、僕たちは頷く暇もなく異世界へと旅立つことになった。
 そして今、ロックスターになるため、二つの世界を救うための修行の日々を過ごしている。
あらすじ
 ロックスターになるために、異世界にやって来た僕たちは、死んだはずの偉大なるアーティストたちとの出会いを重ね、成長していく。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop