ライブハウスでエンケンと出会った。数ヶ月前に死んだはずのエンケンに。
 エンケンは日本が生んだロックスターの一人だって僕は信じていた。アコギ一本で、時にはドラムを叩きながら、叫ぶような歌声で聞く者を圧倒とさせる。
 幼い頃、僕はそのステージを見たことがある。残念なことに、途中で居眠りをしてしまったんだけれど・・・・
 これは父から聞いた話だけれど、その日のエンケンのライブは、独特の雰囲気で、観客の全てが床に腰を下ろして楽しんでいた。僕も最初は父に抱かれて、その音とパフォーマンスを楽しんでいた。しかし、その日は朝から晩までのロックフェスで、エンケンの出番は二十二時過ぎだった。僕は疲れて眠ってしまった。
 その後のエンケンは、凄まじかった。ステージを降りて客席を歩き回る。ギターをかき鳴らしながら大声でが鳴る。僕の姿を見留めたのかどうかは分からないけれど、僕の目の前で立ち止まり、更にその声を増した。それでも僕は起きなかったけれど、エンケンはしつこく、数分間その場に留まっていたそうだ。
 そんなエンケンは、僕との再会を覚えていないようだったけれど、僕に興味を抱き、僕を異世界へと誘ってくれた。