かぐや姫、ときどきシンデレラ

作品番号 1674290
最終更新 2022/09/05

かぐや姫、ときどきシンデレラ
真響/著
現代ファンタジー

36ページ

総文字数/ 61,962

ランクイン履歴:

現代ファンタジー:3位(2022/09/05)

ファンタジー:22位(2022/09/05)

恋愛ファンタジー:13位(2022/09/05)

こんにちは。
真響と申します。

私は歴史がすごく好きで、まあピークは何年も前なんで知識はほぼ抜けたんですけど、今昔入り乱れて存在してらっしゃる推しの一人が信長さまなんですよね。いつか安土桃山の時代の作品を書けたらなーって思っている今日この頃ですが、なかなか・・・・・・力不足ですね・・・・・・。

そういう趣味なので、少し歴史要素が入った作品となっております。
モチーフは、小野小町の百夜通い。小野小町に対する、深草少将の熱愛の物語です。私、平安時代も好きなんですよね! あの優雅な感じが。


引き続き厳しいご意見お待ちしております。
誤字脱字や文章が下手だとか、繋げ方とか、そもそもストーリーが面白くないだとか。一番最後のやつに関してはもう私のアイデア次第なんですが、他に直せる部分は頑張って直していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

是非、最後まで楽しんでいってくださいね。

追記:PV、まさかの1000まで・・・・・・?(震)
   たくさん読んでくださって、本当にありがとうございます!!
   一言感想も、凄く凄く嬉しいです。
   是非是非、感想なども気軽に書き込んでくださいね!
あらすじ
夜空に浮かぶ月の都で生まれ、とある事情で地上に落とされた輝月。養父母は優しいし、高校生活も不足はない。安定した生活を送っていた。

地上に来て一年ほど経った、ある日。
月から、輝月を迎えに美少年が家を訪れた。しかし、どうしても故郷に帰りたくない輝月は、ある条件を彼に突きつける。
しかし、彼はなにやら曰く付きのようで・・・・・・
輝月の、変わり映えのなかった高校生活が、大きく動き始める・・・・・・!

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop