冬に花弁。彷徨う杜で君を見つけたら。

作品番号 1636776
最終更新 2021/06/30

冬に花弁。彷徨う杜で君を見つけたら。
ヒューマンドラマ

41ページ

総文字数/ 106,754

家に恋人を連れ込む、亭主の書斎
目掛けて、己が車で突っ込んだ。

チョウコは、半壊の家に車を
乗り捨てて、死者の杜へ 向かう。

本当は結婚する予定だった
恋人の魂が そこに訪れている
かもしれない。
もう何年も過ぎた時間に
反比例して、
チョウコは今も
かつての恋人に心を囚われている。

彼はまだ、あの海に沈んだ
ままなのだから。
あらすじ
大切な人や、大切なモノを失った
女3人のチョウコ、キコ、ワカナ。

道中で意気投合した3人は、
死者が詣でると云われる杜に
向かう目的で旅することに
一致した。

探す相手が成仏しているなら、
その杜にやってくるはず。
かつて、恋して愛した相手の魂は
その杜にちゃんと
来てくれているのだろうか?
初対面の3人は
向かう車の中で、
少しずつ自分の話を語っていく。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

pagetop