月に降る雨と懺悔

作品番号 1607564
最終更新 2020/07/02

月に降る雨と懺悔
その他

43ページ

総文字数/ 81,174

人工の光が闇を照らすようになった明治時代。
山間の小さな宿場町では、死体が盗まれるという事件が起きていた。
そして増えていく奇妙な死に方をする人間。更に人々を襲う、奇妙な事象。

澱のように感情は沈み、少年たちは、お互いだけを頼りに生きていた。
あらすじ
人工の光が闇を照らすようになった明治時代、山間の町にはまだ闇が満ちている。よりそって生きる少年達の話

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop