それなら僕が、覚えているから

作品番号 1079034
最終更新 2014/09/06

それなら僕が、覚えているから
恋愛・青春

315ページ

総文字数/106,846

ランクイン履歴:総合14位 (2019/10/25)

「あなた、誰?」

鏡に映るその人は、一体誰なの?


【フェイスブラインド】

私にはあなたが誰だか、わからない。




「あなたのことが好きなの。
それなのに、明日、忘れちゃうの」


私が背負った運命は、どこへ向かうのだろうか。




2014.07.21~09.05

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:川瀬みちさん
ネタバレ
不変のもの、普通のこと
内容を見る
2017/05/29 22:36
★★★★★
投稿者:tomato1956さん
涙なみだ

涙なみだで一気に読んでしまいました。

2017/04/10 01:31
★★★★★
投稿者:ぴろりぃなさん
はじめまして。

もう子ども持つ親ですが
たくさんのこと考えさせられました。
病気や障害だけじゃなくて、その人の性格や周りの環境や成長過程で、考え方など多種多様になります。
自身のものさしで測ってしまうと
大切なものを見失う、今見失っているのかと実感しました。

これからも素敵な作品を作ってください。ありがとうございました

2014/09/13 15:54

この作品の感想ノート

目に見えない障がいの理解は難しいです。それを題材にしていただきありがとうございます。バリアフリーを考えるとき、いつも迷います。
私は電動車いすで家族をはじめ、たくさんのかたに支えられて過ごしています。
「あきらめる勇気」はまさにそうです、
今後の作品を楽しみにしています。

2020/01/22 17:59

莉子ちゃんには響君という理解者がそばにいるからきっと2人で夢を叶えられると思います。

理解してくれる人ばかりいるわけじゃないから離れてしまった哲也先輩の気持ちもわかります。高校生の彼には大きすぎる負担ですよね。

でもそれ以上に素敵な人達が周りにいてくれる莉子ちゃんは幸せだと思います

2019/10/12 06:19

一気に読みました!娘三人と川の字で寝ながら読みふけりました。
些細な日常を大切に、自分の居場所を大切に生活しなきゃと思いました。そして、頑張った先にある、あきらめという言葉に、心を打たれました。
素敵なお話ありがとうございました。

佐倉さんの、糖度高めなオフィスラブをよく拝読してましたので、新鮮でした。

2018/01/22 05:45

この作品のかんたん感想

すべての感想数:369

この作品をシェア

pagetop