「えびすや」のロックスミス

作品番号 1635548
最終更新 2021/07/17

「えびすや」のロックスミス
恋愛・青春

77ページ

総文字数/ 119,159

ランクイン履歴:総合82位 (2021/06/30)


 お好み焼き屋「えびすや」

 インターネットで検索すれば、必ず1ページ目に表示される有名店だ。
 たたみ一畳分以上の巨大な鉄板で焼かれるお好み焼きは絶品で、市内はもとより近隣の市町村、ときには県外から訪れる者もいる。

 まるでクレープのように、そばやキャベツ、生地等が層を作り、その上にたっぷりとかけられた甘辛いソースの香りが、鼻こうをくすぐる。
 常連客は箸では食べない。手の平に納まるサイズのヘラで切り分け、ハフハフと湯気を立てながら口に運ぶ。至福の瞬間だ。


 「えびすや」には魔女がいる―――一部では、特に女性の間では有名な都市伝説。


 手にしていた金属製の大きなヘラを置き、曲った腰を自ら叩きながら顔を上げる。そして、弓なりの優しげな目を客に向け、店主は穏やかな口調で話し掛けた。

「じゃあ、ちょっとだけ見てみようかね」

 お好み焼きを食べ終えた客が、ヘラを置いた手を差し出す。その表情は期待に満ちている。

 来店客に対してのみ、サービスとして行われる手相占い。
 的中率はほぼ100パーセント。
 何も話さなくても、ビシバシと悩み事を言い当てる。
 そして、年輪を刻んだ笑顔で的確なアドバイスをする。

 このサービスが口コミで広がり、さらに「えびすや」の名を有名にした。



あらすじ
 お好み焼「えびすや」
 手相占いが得意で魔女とまで呼ばれた店主が他界し、次の世代へと移行した。
 一般客も来店するが、未だに占いを目当てに訪れる客も多い。その人たちは、何かしらの悩みを抱え、救いを求めて足を運んでいる。
 店主が他界したことを知り、落胆して店を後にする人たち。その後姿を見送りながら、孫である凛花は思い悩んでいた。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop