夜空へ虹の架け橋を

作品番号 1584056
最終更新 2020/01/13

夜空へ虹の架け橋を
恋愛・青春

59ページ

総文字数/156,823

ランクイン履歴:総合6位 (2020/01/16)

 あの夏の不思議な出来事を
 
 硝子のような湖面を照らした命の煌めきを

 わたしは決して忘れない


 耳を澄ませば聞こえてくる、夏祭りに鳴る下駄の音

 目を閉じれば浮かんでくる、空へ打ち上がる色とりどりの花火

 息をひそめれば近づいてくる、柔らかくてあたたかなくちびる


 やがて遠ざかる思い出を

 ずっと忘れずにいられたのなら

 きっと次の未来でまた出会える


 もしあのときに戻れたのなら、そんな未来さえ変わっていたのかもしれない


 だから、わたしは生きていく

 大切な親友と

 弦を結ぶように、繋いでくれた命と共に……


あらすじ
高校三年生の琴音は、彼氏の結弦と、親友の美輝、
そして美輝の彼氏の怜と共に、温泉旅館を目指していた。

しかし四人を乗せて走るバスは、事故で湖へと転落してしまう。

七年後、人生に失望した琴音が向かった先で目覚めたのは、七年前のバスの車内だった。

時空を超えた先で叶う四人の旅は、徐々に琴音の心を変えていくが、その世界には大きな秘密が隠されていて――

時を越えた想いが繋ぐ、ひとつの命の物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop