君と僕の残り、363日

作品番号 1644497
最終更新 2021/08/15

君と僕の残り、363日
恋愛・青春

145ページ

総文字数/ 104,730

ランクイン履歴:総合66位 (2021/09/12)





僕は、触れた人の余命を見ることができる。




あらすじ
高校2年生の日野瑞季は触れた人の余命を見ることができるという特殊能力がある。その能力のせいで、死を常に意識させられてしまい、他人と関わることを避けるようになった。
余命は神が決めた運命で、変えることはできない。
毎日規則的に1日ずつ減っていく。
例外はない。

……はずだった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:藤永 彩楽さん
ネタバレ
コロナ禍の今、読んでほしい作品
レビューを見る

2021/08/30 10:49

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4

この作品をシェア

pagetop