君の屍が視える

作品番号 1644713
最終更新 2021/08/09

君の屍が視える
紫音/著
恋愛・青春

20ページ

総文字数/ 54,531

 
関わりを持つのなら、最後まで。

それができないのなら、最初から関わるべきじゃない。
 
あらすじ
 
七日以内に死ぬ人間の、死体の様子が視えてしまう大学生・守部 結人(もりべ ゆうと)は、ある日飛び込み自殺を図ろうとしていた見ず知らずの女子大生・橘 逢生(たちばな あい)を助ける。

奇妙な縁を持った二人はその後も何度となく偶然再会し、その度に結人は逢生の自殺を止めようとする。

しかし彼女の意思は一向に変わらない。

そのため結人の目には常に彼女の死体──屍の様子が視えてしまうのだった。
 

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop