ヴェルト・マギ―ア ソフィアと黒の魔法教団

作品番号 1554585
最終更新 2019/07/20

ヴェルト・マギ―ア ソフィアと黒の魔法教団
ファンタジー

154ページ

総文字数/107,714

何千年も遥か昔――

まだ“魔法”と呼ばれる物が存在しない時代で、九種族たちによる領地を巡った“九種族戦争”が起こった。

草木や花は枯れ、生物たちは息絶えて、大地は徐々に死んでいき、世界は種族たちが住むことの出来ない世界へと変わっていった。

それを見かねた知恵の女神であるエアと知識の神であるトートが、九種族たちにそれぞれの領地を与え戦争を終わらせた。

そしてエアは自身の力を使い“魔法”という物を生み出した。エアは火・水・雷・自然・光・闇などの魔法を生み出し、その知識をトートが全種族たちに与え、星屑を使って魔力の元になる雫(ロゼ)を作り出した。

こうして世界は再び元の姿を取り戻した現在――

一人の女の子が翡翠色の髪をなびかせながら魔法学校へと一歩足を踏み入れたのだった。

※野いちごで掲載していたお話をリメイクし再アップしたものです。
あらすじ
虹雫の魔法使いを目指すソフィアは、エアトート魔法学校で今日も勉学に励んでいた。

そんな中、街では魔力の元となる雫が何者かによって奪われてしまう事件が起こっていた。

幼馴染であり探偵として活躍しているアレスと共に、ソフィアは事件を解決するために奮闘していく。

そこで二人は【世界の魔法】と呼ばれる【ヴェルト・マギーア】の存在を知ることになる。

これはヴェルト・マギーアを巡る物語ーー

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop