100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ

作品番号 1527611
最終更新 2022/04/25

100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ
恋愛・青春

264ページ

総文字数/ 145,710

ランクイン履歴:総合16位 (2022/02/09)




私はあの夜のことを
永遠に忘れることなんてないのだろう。



絶望してすがった。

きっともがいてた。


運命にじゃない。


生きたいと思ってしまった自分に。



「海月」


名前を呼ばれるたびに、心が揺れた。


けれど、きみと一緒にはいられない。


なのに、なのに……。




「でも俺、どう考えてもお前のことが好きなんだよ」


きみはまっすぐだ。涙がでるぐらい。












私の幸せの先にきみがいて、
きみの幸せの先に私がいる。




「もう、朝が嫌いだなんて言わない?」



言わないよ、絶対に。


だって、こんなにも




きみと迎えた今日は、美しい――。




原題・あの頃、きみといくつもの朝を数えた。

《2018・11月29日/完結、公開》


第3回野いちご大賞《大賞受賞》
応援してくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました!!

2019・6月28日 単行本発売



〈365日間、あふれるほどの「好き」を
教えてくれたのはきみだった〉

本作の続編も好評発売中です!!
機会があれば是非ともお手に取っていただけたら嬉しいです!


この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:さらさん
泣ける
続きを見る

実写化してもいいくらい…。 めちゃくちゃ泣いた、、 神作です!

2022/02/04 20:15
★★★★★
投稿者:(-ω-。)うゆさん
感動
続きを見る

久しぶりにこんなに泣かされました。 ドキドキしながら読ませていただきました。 ほんと最高の本です。

2021/12/11 08:58
★★★★
投稿者:yyymemiさん
ネタバレ
感動しかない
レビューを見る

2021/11/29 16:34

この作品の感想ノート

すごく綺麗な最後でした。素敵です

なーさん
2022/05/14 15:46

コメント失礼します、
100日間のあふれるほど、のすきを教えてくれたってゆうやつみてるんですが
感動しました
あと病気にかかっちゃって
あと3ヶ月かな?余命ゆわれたときは
つらく思いました
私も泣いちゃいました、
まだ途中までですけど、もう悲しくて
さちさんの作品またよみたいなって思います、
これからも頑張ってください!!

2022/03/31 22:29

はじめまして!
はじめは悲しくて、でも佐原くんのまっすぐさに心を開いていって、海月ちゃんのしこりが最後に消えて、こんな清々しい終わり方があるんだ、って思いました。個人的には美波ちゃん実はいい子なんだなと思って、ちょっと感動しました、、
続編も読ませていただきます!また、サチさんの他の作品を読みたいなと思いました。これからも頑張ってください⚑︎⚐︎

naraさん
2022/03/26 18:37

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1,036

この作品をシェア

pagetop