100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ

作品番号 1527611
最終更新 2019/06/19

100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ
恋愛・青春

264ページ

総文字数/145,710




私はあの夜のことを
永遠に忘れることなんてないのだろう。



絶望してすがった。

きっともがいてた。


運命にじゃない。


生きたいと思ってしまった自分に。



「海月」


名前を呼ばれるたびに、心が揺れた。


けれど、きみと一緒にはいられない。


なのに、なのに……。




「でも俺、どう考えてもお前のことが好きなんだよ」


きみはまっすぐだ。涙がでるぐらい。












私の幸せの先にきみがいて、
きみの幸せの先に私がいる。




「もう、朝が嫌いだなんて言わない?」



言わないよ、絶対に。


だって、こんなにも




きみと迎えた今日は、美しい――。




原題・あの頃、きみといくつもの朝を数えた。

《2018・11月29日/完結、公開》


第3回野いちご大賞《大賞受賞》
応援してくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました!!

\2019・6月28日 単行本発売/


この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:さいマサさん
100日間

たった100日

1人で孤独に消えるはずだった、主人公

あまりにも大きな悲しみが2人を引き合わせ

大切な時間を使いながら距離が近づいていく

本当の愛を知ってからの1日はきっと

誰よりも特別な1日だったに違いない

愛するに『愛している』と素直に伝えたくなる

そんな素敵なお話です


2019/06/21 19:00
★★★★★
投稿者:Rukki*さん
ネタバレ
最高に、素晴らしい作品です!!
内容を見る
2019/03/29 00:43
★★★★★
投稿者:宝希☆/無空★さん
ネタバレ
泣けました
内容を見る
2019/03/09 08:07

この作品の感想ノート

長良サチサン❣
まず、題名で心を掴まれました。
初めは、なんとなく読ませていただいてたんですけど、読んでいくうちにドンドン気になっていきました!
物語は、今までの中で1番細かな所まで
書かれていたので、たくさん想像したり出来ました!
主人公が病を抱えてるのは、ようみたりしますが
その中でも頑張って生きようとしていたのが
伝わって、家族と打ち明けれたところは
大大大感動でした(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)
長良サンのお話これからも沢山読んでいきます!
素敵で最高なお話ありがとうございました°ʚ♡ɞ°

2019/12/28 20:22

お返事ありがとうございます!
最後まで読んでほんとに胸がつーんとするような涙が滲んでくるようなお話でした。海月が最後まで悠真のことを佐原って呼んでいるのに海月らしさがあってそこも感動しました!続編読んでみたいと思いました!

2019/12/17 20:22

まだ途中までしか読んでないんですが、ちょっと気になったところがあるので、、、、、、最初の方のホームルームで名前呼ばれる場面で美波が呼ばれた後に海月が呼ばれてたんですけど苗字同じだと名前順だと思うんですけど、海月の方早いんじゃないかと思ったんですけど、、、、いきなりごめんなさい!

2019/12/15 09:30

この作品のかんたん感想

すべての感想数:328

この作品をシェア

pagetop