100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ

作品番号 1527611
最終更新 2019/06/19

100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ
恋愛・青春

264ページ

総文字数/ 145,710

ランクイン履歴:総合21位 (2020/05/24)




私はあの夜のことを
永遠に忘れることなんてないのだろう。



絶望してすがった。

きっともがいてた。


運命にじゃない。


生きたいと思ってしまった自分に。



「海月」


名前を呼ばれるたびに、心が揺れた。


けれど、きみと一緒にはいられない。


なのに、なのに……。




「でも俺、どう考えてもお前のことが好きなんだよ」


きみはまっすぐだ。涙がでるぐらい。












私の幸せの先にきみがいて、
きみの幸せの先に私がいる。




「もう、朝が嫌いだなんて言わない?」



言わないよ、絶対に。


だって、こんなにも




きみと迎えた今日は、美しい――。




原題・あの頃、きみといくつもの朝を数えた。

《2018・11月29日/完結、公開》


第3回野いちご大賞《大賞受賞》
応援してくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました!!

\2019・6月28日 単行本発売/


この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:emptymoonさん
素晴らしい作品でした。
続きを見る

とても素晴らしい作品でした。 これまでに何冊もの本を読んできたけれど、 本を読んでいて涙を流したのはこの作品が初めてです。

2020/12/25 04:50
★★★★★
投稿者:キヨ.さん
ネタバレ
タイムリミットまであと100日。
レビューを見る

2020/06/07 21:05
★★★★★
投稿者:桜野夢花さん
素敵なお話です
続きを見る

岸は岸でも目立たない方の海月。 クラスでは影が薄く、いつも一人。 海月は脳の病気を患っており、余命3ヶ月と告げられた。そんな中、海月が出会ったのは佐原という派手なクラスメイトの男の子。 近づいてきてほしくないから、突き放してるのにそれでもズカズカと入り込んでくる。 きっと、あの夜がなければ、二人はこんなに近しい存在になるコトもなかった。 海月の絶望する気持ちも分かるし、佐原の見離せない気持ちも分かるし、なんともいえない感情で読み勧めてました… 読み終えて再確認できる、タイトルの意味。涙無しには読めません。最高のお話でした!!ぜひ皆様もご一読ください!

2020/05/15 03:11

この作品の感想ノート

初めまして。この作品は読んでる中で1回も飽きなかった(?)です!!
私は自分には合わない小説だったら途中でやめてしまうことがあります。でもこの小説は、、もう、、、、、一言では表せないくらい素敵でした。
複雑な家庭の事情、私の家も色々、、なので重なる部分もありました。号泣号泣号泣号泣号泣号泣でした。
心がとても温まりました。素敵な作品をありがとうございました

2021/06/03 20:30

初めまして。完結、お疲れ様でした。
タイトルに惹かれて読ませて頂きましたm(_ _)m
海月ちゃんと佐原くんが良い感じになった辺りで最後は海月ちゃんは手術をして助かって佐原くんと幸せになって行くのかな…と思ってましたがハッピーエンドだけが小説では無いですよね😢
号泣するストーリーでしたが、色々考えさせられましたし改めて自分の生き方を考えさせられました(^^)
今回初めて永良さんの作品を読ませて頂きましたが他の作品も読ませて頂きますね♪
最後に…
海月ちゃんも佐原くんもみつるくんもみなみちゃんも…どんな世界にいても幸せでいてくれたら良いなと小説の中なのに思ってしまいました😅(佐原ママが以外と好きなキャラでした(笑)

nanahokuさん
2021/05/15 15:51

もっと早く出会ってればよかった…

1週間前ほどに読み終わりました。
自分はあまり小説を読まなかったのに、とても表紙に惹かれて読んだら…ボロボロ泣きました😭😭😭
こんな素敵な作品に出会えて幸せです♪
早速友達にも勧めました!!
これをきっかけに、小説を初めて買いました!
人生をさらに楽しくしてくれたこの作品に感謝しかないです🙏

これからも体調に気をつけながら頑張ってください!陰ながら応援しています!📣

ょゅさん
2021/04/11 22:39

この作品のひとこと感想

すべての感想数:611

この作品をシェア

pagetop