100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ

青春・恋愛

永良サチ/著
100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ
書籍化作品
作品番号
1527611
最終更新
2022/04/25
総文字数
145,710
ページ数
264ページ
ステータス
完結
いいね数
743
ランクイン履歴

総合16位(2022/02/09)

青春・恋愛8位(2022/02/12)

ランクイン履歴

総合16位(2022/02/09)

青春・恋愛8位(2022/02/12)




私はあの夜のことを
永遠に忘れることなんてないのだろう。



絶望してすがった。

きっともがいてた。


運命にじゃない。


生きたいと思ってしまった自分に。



「海月」


名前を呼ばれるたびに、心が揺れた。


けれど、きみと一緒にはいられない。


なのに、なのに……。




「でも俺、どう考えてもお前のことが好きなんだよ」


きみはまっすぐだ。涙がでるぐらい。












私の幸せの先にきみがいて、
きみの幸せの先に私がいる。




「もう、朝が嫌いだなんて言わない?」



言わないよ、絶対に。


だって、こんなにも




きみと迎えた今日は、美しい――。




原題・あの頃、きみといくつもの朝を数えた。

《2018・11月29日/完結、公開》


第3回野いちご大賞《大賞受賞》
応援してくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました!!

2019・6月28日 単行本発売



〈365日間、あふれるほどの「好き」を
教えてくれたのはきみだった〉

本作の続編も好評発売中です!!
機会があれば是非ともお手に取っていただけたら嬉しいです!


この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:さらさん
泣ける
続きを見る

実写化してもいいくらい…。 めちゃくちゃ泣いた、、 神作です!

2022/02/04 20:15
★★★★★
投稿者:(-ω-。)うゆさん
感動
続きを見る

久しぶりにこんなに泣かされました。 ドキドキしながら読ませていただきました。 ほんと最高の本です。

2021/12/11 08:58
★★★★
投稿者:yyymemiさん
ネタバレ
感動しかない
レビューを見る

2021/11/29 16:34

この作品の感想ノート

この作品に出会えてほんとに良かったです

たった3ヶ月という少ない期間での佐原と海月の関係性の変化で海月の心の扉が開いていくところ、本当の家族とは言えなかった美波たちの本音など全部読んで感動致しました🥹
最初、海月の「朝までいてよ」という言葉に疑問だったのですが読み進めていくとまさかの結末で驚きもしたし、切なさも感じました。
この作品に涙は必須だと思います(笑)
元々自分が病気持ちだったこともあり、すぐに感情移入してしまい佐原の言葉、海月の心の中を見た瞬間涙が止まりませんでした。
海月のお母さんも海月と同じで病気を持ってしまい、育てることが不可能だと考え自分の妹の家に育ててもらうということだとしたら、相当な覚悟を持って海月を育ててもらおうと思ったのだなと思いました。家族愛にも溢れる作品でこれからも家族とは色んな話をして素直でいようと思いました。
こんな素敵な作品を書いてください本当にありがとうございました!!
長文失礼しました🙇🏻‍♀️

さささん
2024/02/22 23:58

初めまして! つい先日本屋で見つけて読みました👀
永良サチさんの作品を初めて読んだんですけど今までで読んだ小説の中で1番感動できて涙が止まりませんでした🥲片方の目線じゃなくて海月ちゃんと佐原くんそれぞれの目線で書いてあってすごく読みやすく、素敵な作品でした。思い出すだけでも泣けてきます😭💞
美波ちゃんと三鶴くんが家族になる場面もそれを見て佐原くんがネガディブなったり海月ちゃんがいなくなったからずっとこの先暗い未来を歩むっていうよりも海月ちゃんに会えるまで自分らしくいようって前向きでいるっていうオチ?がすごい満足というか素敵な終わり方だなと思いました🥲✨小説の中の話ですけど2人がまた出会って死ぬまで一生幸せに暮らせる事を願っています😌永良サチさんの作品に惚れてしまったので他の作品も絶対読みます✨改めて素敵な作品をありがとうございました。

おむじさん
2024/01/28 12:43

海月ちゃんがどんどんと心を開いていくところに目を奪われました。

一番最初はだれにも心を開かずにいた海月ちゃんが、佐原くん、そして美波ちゃん達にも心を開けるようになっていて、なんだか成長を見届けた気分になりました!

亡くなる前の海月ちゃんは、美波ちゃん達を少しでも家族だと思えていたら良いなと思います。

余命宣告をされたことがないので、海月ちゃんの気持ちは分かり得ないものですが、とても辛いものだと思っています。

そんな海月ちゃんを救ったのが佐原くんで本当に良かったです。

素敵な作品を、ありがとうございました!

水木暖さん
2023/12/26 10:58

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1,694

永良サチさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop