100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ

作品番号 1527611
最終更新 2019/06/19

100日間、あふれるほどの「好き」を教えてくれたきみへ
恋愛・青春

264ページ

総文字数/ 145,710

ランクイン履歴:総合21位 (2020/05/24)




私はあの夜のことを
永遠に忘れることなんてないのだろう。



絶望してすがった。

きっともがいてた。


運命にじゃない。


生きたいと思ってしまった自分に。



「海月」


名前を呼ばれるたびに、心が揺れた。


けれど、きみと一緒にはいられない。


なのに、なのに……。




「でも俺、どう考えてもお前のことが好きなんだよ」


きみはまっすぐだ。涙がでるぐらい。












私の幸せの先にきみがいて、
きみの幸せの先に私がいる。




「もう、朝が嫌いだなんて言わない?」



言わないよ、絶対に。


だって、こんなにも




きみと迎えた今日は、美しい――。




原題・あの頃、きみといくつもの朝を数えた。

《2018・11月29日/完結、公開》


第3回野いちご大賞《大賞受賞》
応援してくださった皆さまのおかげです。
本当にありがとうございました!!

\2019・6月28日 単行本発売/


この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:桜野夢花さん
素敵なお話です
続きを見る

岸は岸でも目立たない方の海月。 クラスでは影が薄く、いつも一人。 海月は脳の病気を患っており、余命3ヶ月と告げられた。そんな中、海月が出会ったのは佐原という派手なクラスメイトの男の子。 近づいてきてほしくないから、突き放してるのにそれでもズカズカと入り込んでくる。 きっと、あの夜がなければ、二人はこんなに近しい存在になるコトもなかった。 海月の絶望する気持ちも分かるし、佐原の見離せない気持ちも分かるし、なんともいえない感情で読み勧めてました… 読み終えて再確認できる、タイトルの意味。涙無しには読めません。最高のお話でした!!ぜひ皆様もご一読ください!

2020/05/15 03:11
★★★★★
投稿者:蘭輝さん
感動しました
続きを見る

すっごい泣きました!!生きる有難さも改めて知る事が出来ました、 また素晴らしい作品を書いてください。待ってます

2019/06/26 16:48
★★★★★
投稿者:さいマサさん
100日間
続きを見る

たった100日 1人で孤独に消えるはずだった、主人公 あまりにも大きな悲しみが2人を引き合わせ 大切な時間を使いながら距離が近づいていく 本当の愛を知ってからの1日はきっと 誰よりも特別な1日だったに違いない 愛するに『愛している』と素直に伝えたくなる そんな素敵なお話です

2019/06/21 19:00

この作品の感想ノート

永良サチさん!
何回読んでも泣けます!
友達から「おすすめだよ」と言われ、
読んでみたのが最初でした!
今まで読んだ作品の中で一番好きです!
切なさ、感動、泣ける要素がいっぱいで、
読む度にボロ泣きしてしまいます。(笑)
他の作品も読ませていただこうと思います。
これからも頑張ってください!

2020/05/29 11:58

永良 サチさん!!
私、たくさんある野いちごの本の中でこの作品が1番大好きです!
最初に本を買わせていただいて、初めて読んだ時感動して泣きすぎて目がはれてしまいました(笑)
実はこの作品読むのが3回目なのですが何回読んでも泣いちゃいますね!
これから他の作品も読ませていただこうと思ってます!
応援してます!!

N_0808さん
2020/05/23 01:48

きみと泳ぐ夏色の明日以来です☺
読み始めたら止まらなくなり、ぶっ通しで読んでしまいました(笑)

何回も泣いてしまい、目が腫れて大変です😂
佐原がだんだん成長していき、海月は心を開いていくところがほっこりしました🤭

悲しいはずなのに読み終わった今、何故か幸せです💞
しばらく余韻に浸ろうと思います(笑)

来世では佐原と海月が一緒に居られますように🙏

素敵な作品に出会わせてくれてありがとうございます!
これからも応援しています︎💕︎

りら*.さん
2020/05/21 22:37

この作品のかんたん感想

すべての感想数:428

この作品をシェア

pagetop