あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

青春・恋愛

汐見 夏衛/著
あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。
書籍化作品
作品番号
1179797
最終更新
2021/03/18
原題
可視光の夏-特攻隊と過ごした日々-
総文字数
107,803
ページ数
220ページ
ステータス
完結
いいね数
8,770
息が苦しくて 全身が痛くて

それでも私は走った
声のかぎりに叫んだ

そして祈った

私の大切な人を見殺しにする
残酷な神様

せめて最後くらいは

私の願いを叶えてよ――



2016年7月スターツ出版文庫

原題
『可視光の夏-特攻隊と過ごした日々-』
あらすじ
うだるように暑い夏の日、

母親と喧嘩して家出した翌朝、

目を覚ますと、そこは
1945年、戦争の真っ只中だった。

そこで私が出会ったのは、
特攻隊員の彰。

穏やかで、あたたかくて、

何度も何度も私を助けてくれた、
強くて優しい人。

でも、好きになってはいけない。
好きになっても報われない。

だって、彰はもうすぐ南の空へ
『死にに往く』んだから……

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:山田香奈さん
この作品と出会えた事、心から感謝します
続きを見る

なんとも言えない気持ちで胸がいっぱいになる作品でした。みんなに読んでほしい作品です。人を愛することの幸せ、愛してもらえる事の幸せ、好きなことを学べる幸せ、わがままを言える幸せ、安心して眠れる幸せ、ご飯をお腹いっぱいに食べれる幸せ、いろんな日常に転がってる幸せを改めて実感できた作品です。今ある当たり前だと思っていた生活が全く当たり前ではない事。この先もこの気持ちを大切にしていきたいと思える作品でした。

2024/01/13 16:49
★★★★★
投稿者:Harukaさん
ネタバレ
感動の嵐です、、、、、
レビューを見る

2023/12/26 20:17
★★★★★
投稿者:あらた*さん
ネタバレ
続編を先に読んだ私の感想
レビューを見る

2023/12/26 12:48

この作品の感想ノート

元々、「夜があけたら、いちばんに君に会いに行く」という本で汐見先生のことを知って、他の作品も読まさせていただいていました。
今回「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」を読ませていただきました。正直は、私は戦争ものが苦手でこの作品も少し避けていました。でも、映画化もされたので読んでみたいという気持ちもあったので、読ませていただきました。
すごくリアリティーがあって、想像もしやすく、良い意味で怖かったです。戦争の怖さ、辛さを改めて知ることができました。
特に、百合が現代に戻って、学校の社会見学で博物館に行ったときに、彰の手紙を読むシーンはとても涙が溢れました。

ステキな作品をありがとうございました。

りゆさん
2024/03/06 18:13

私は、本が好きで野いちごでよく本を読んでいたのですが、この本めっちゃ感動しました。
時空を超えた百合と彰の恋が実らないことは、百合は時代が違うから、彰は特攻隊でもうすぐ死ぬからという理由でお互いにわかっていたのに、そんなことは関係なしに思い合えるのはとてもすごいことだと思いました‼︎

Amaさん
2024/02/17 19:45

夜君に続き映画化おめでとうございます!!!夜君もあの花も大好きな小説で、5年前に何度も読んで何度も泣いてました笑

あの花が映画化されたため5年ぶりに読み返して見ましたが、やはり大号泣ですごく心に刺さりました。現代に生きる私は、今の幸せに慣れすぎて満足できなくなっているのかなと思いました。美味しいものを沢山食べれる、やりたいことが出来る、健康に生きていける。読み終わって今の時代に生きてることが幸せであることを実感できるし、色んなことに感謝したいと思いました。命を粗末にせず、生きていける分だけたくさん生きてたくさん笑って、百合と彰のように愛しあえる人と出会いたいと感じました。

小説や単行本を買えたらまたそちらでも読み返そうと思います!

汐見先生の小説大好きなので、またたくさんの本読みたいとおもいます!!素敵な作品をありがとうございます!!

すうさん
2024/02/11 23:37

この作品のひとこと感想

すべての感想数:9,622

汐見 夏衛さんの書籍化作品

この小説の関連動画

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop