あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

作品番号 1179797
最終更新 2018/09/03

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。
[原題]可視光の夏-特攻隊と過ごした日々-
恋愛・青春

220ページ

総文字数/ 107,805

息が苦しくて 全身が痛くて

それでも私は走った
声のかぎりに叫んだ

そして祈った

私の大切な人を見殺しにする
残酷な神様

せめて最後くらいは

私の願いを叶えてよ――



2016年7月スターツ出版文庫

原題
『可視光の夏-特攻隊と過ごした日々-』
あらすじ
うだるように暑い夏の日、

母親と喧嘩して家出した翌朝、

目を覚ますと、そこは
1945年、戦争の真っ只中だった。

そこで私が出会ったのは、
特攻隊員の彰。

穏やかで、あたたかくて、

何度も何度も私を助けてくれた、
強くて優しい人。

でも、好きになってはいけない。
好きになっても報われない。

だって、彰はもうすぐ南の空へ
『死にに往く』んだから……

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:ユイタルさん
とてもいい!!
続きを見る

とてもいい作品です。 涙無しでは読めません。 とても切ないけど、自分の人生を見つめ直すきっかけになれる作品でした。 切なく悲しいけど、最後には幸せな気持ちになれました。

2020/09/02 18:30
★★★★★
投稿者:krm_03さん
涙なしでは読めない😭
続きを見る

戦争をテーマとした小説を読むのは初めてでしたが、言葉の重みや今の生活の「当たり前」がどれだけ幸せな事か実感しました。どんなに悲惨な世の中だったか想像するだけでも怖かったですが、今の日本があるのは自分の命を犠牲にしてでも戦った方々がいるという事を忘れずに感謝しながら生きたいと思いました。

2020/08/29 15:46
★★★★★
投稿者:お と はさん
涙腺崩壊
続きを見る

最高です。大泣きしました。 汐見さんの小説が大好きです。

2020/08/26 22:12

この作品の感想ノート

友達にすすめられて読んでみました。
泣ける!っと言われました、、、。
読んだあとは涙が止まりませんでした...。

2020/10/13 13:13

特攻 聞いたことはあるし、どんなことをするかは知っていました、知っているつもりでした
でも、国からの命令で仕方なく突撃したと思ったけれど(もちろんそういう方も多かったと思います)心の底から行きたいって思った人もいるのか、と衝撃を受けました
この作品はもちろんフィクションが入っているとは思いますが、本当にあんな隊員の方達がいた気がしてなりません
隊員の皆さんが志半ばに終らず、板倉さんが無事に婚約者のところで暮らして行けたことを願います
戦争ものは心が締め付けられて見ていてしんどくなります(だるいという感じではなく泣きたくなる、という感じです)
でも、この作品は戦争の悲惨さや切なさが凄く感じることが出来ますが、比較的私のような中学生でも読めるものだと思います
この作品が色んな学生さんも含めて幅広い世代の方に読んでいただきたいです
本当に衝撃を受けました
すごくすごく悲しくなって涙が溢れてきました
百合は特攻は自殺でいい事なんかじゃない、その気持ち・考え方が1番分かります、私の気持ちに1番近いです
でも彰さんなどの気持ちも否定できないのです
何が正しいかなんて1つも分からないしそれは今の人達が考えても出てこないかもしれません
ただ言えるのは、戦争はよくないこと・もうしないこと・昔犠牲になった方達のことを忘れずに学び、弔うことだと思いました
修学旅行はコロナの影響で無くなり、そういった資料館に言える機会は無くなってしまいましたが、いつか大人になった時にしっかり受け止める覚悟をして見に行きたいです
たかが、6時間の授業がだるいって言っていた自分が恥ずかしくなりました
彰さんのように立派な志を持つことは出来ないかもしれないけれど、過去の方達に胸を張って会いに行けるような人になりたいです
この作品と出会えて良かったです
本も買う予定です
続編も大切にみたいです
素敵な作品を本当にありがとうございました
汐見先生の作品とまた出逢えることを楽しみにしています

2020/10/08 22:56

何回読んでも泣ける作品です。
続編である、『あの光の中で、君とまた出会えたから。』も繰り返し読んでいます。
大切な人と過ごせる今がどれだけ大切なのか、好きな人に想いを伝えれることがどれほど嬉しいことなのか。
こんなにも素敵な作品を本当にありがとうございます。
これからもずっとファンとして、応援しています。

2020/09/02 18:33

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1,811

この作品をシェア

pagetop