あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。

作品番号 1179797
最終更新 2018/09/03

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。
[原題]可視光の夏-特攻隊と過ごした日々-
恋愛・青春

220ページ

総文字数/107,805

息が苦しくて 全身が痛くて

それでも私は走った
声のかぎりに叫んだ

そして祈った

私の大切な人を見殺しにする
残酷な神様

せめて最後くらいは

私の願いを叶えてよ



うだるように暑い夏の日

母親と喧嘩して家出した翌朝

目を覚ますと、そこは
1945年、戦争の真っ只中だった

そこで私が出会ったのは
特攻隊員の彰

穏やかで、あたたかくて

何度も私を助けてくれた
強くて優しい人

でも、好きになってはいけない
好きになっても報われない

だって、彰はもうすぐ南の空へ
『死にに往く』んだから……



2016年7月スターツ出版文庫

原題
『可視光の夏-特攻隊と過ごした日々-』

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者: aさん
感動ものです。

いつ何回見てもやっぱり戦争ものの物語が
すきな私からしたら最高の小説でございます。
とても感動するし細かく大事なところが書いてあり、この小説を見る度に頑張ろう、変わりたいって思う気持ちになれます。作者様が書いたこちらの小説は私にとって初めて魅力的で支えになる小説です。ありがとうございます>_<

2019/11/05 06:39
★★★★★
投稿者:楪 萌さん
ネタバレ
74年前の痛みと悼み
内容を見る
2019/10/31 08:08
★★★★★
投稿者:天城さくやさん
すべての人に

こんなにも全ての人に読んでもらえたら、と思った作品に出会えて感涙しています。本当に今までで一番泣きました。私も戦争の物語をよく読みます。埼玉の入間基地で桜花を見た時には胸が詰まりました。二度と、こんな悲しみを繰り返す国にならぬように、忘れてはいけないと切に願うばかりです。

2019/04/17 14:18

この作品の感想ノート

いつ何回見てもやっぱり戦争ものの物語が
すきな私からしたら最高の小説でございます。
とても感動するし細かく大事なところが書いてあり、この小説を見る度に頑張ろう、変わりたいって思う気持ちになれます。作者様が書いたこちらの小説は私にとって初めて魅力的で支えになる小説です。素敵な作品ありがとうございます>_<

aさん
2019/11/05 06:40

汐見先生っ!初めましてです!
この作品を読んで考えさせられることが沢山ありました。
特攻隊員の話はとても興味があり、これまでにも沢山の資料を集めたりもしていました。
その中でこんなにも素晴らしい作品に出会う事が出来ました。
彰と、百合ちゃんとの恋は見ていてとても胸を締め付けられてしまいます!
彰さんの「百合は泣き虫だなぁ」が胸に染み込み、涙ぐんでしまいます。
百合がどんなに行かないでと嘆いても行ってしまう…そんな存在の彰さんへの切ない気持ちは何故か共感してしまい、号泣してしまいました。
今の日本が、平和なのは昔戦争で自分の命を燃やしてまで散った兵士さんのおかげなんですよね。
私自身、百合と同い歳なので、普段の日常への不満などがありました。しかしこの作品を読んで少しでも素直になれました。
ありがとうございました。これからも頑張って下さい!

2018/10/08 20:06

初めましてm(*_ _)mゆきうさぎ❅*॰ॱです。「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら」先月の終わりごろ読ませていただきました…!戦争のことは小学生の時の修学旅行や授業で学びました。原爆ドームでは戦争の恐ろしさを学んでなぜ直ぐに戦争を辞めないのだろうと悲しみで溢れました…。自分の祖母の兄も20代で赤紙が来て戦争で戦って亡くなったと昔のお盆に聞いて泣きそうでした。もう2度と戦争をして欲しくないです。百合ちゃんと彰さんの恋愛の結末がとても切なかったです。特攻隊という言葉も、汐見夏衛さんの作品で初めて聞きました…。戦争が無ければ彰さんも百合ちゃんも恋愛して結婚して子供が出来て幸せな家族が出来たのに(T ^ T)この時代は出来なくて悲しかったです。もしかしたら自分の祖母の兄も戦争が無ければ結婚とか子供とか出来ただろうに。これからもきちんと終戦記念日などでお祈りして、二度と戦争が全世界から無くなることを願ってます。初めての感想ノートなので文章がグダグダですみません(T ^ T)書籍を買おうとしましたが本屋にもう売ってませんでした(><)先月ファン登録しました。次回作も楽しみにしています。

2018/09/06 16:21

この作品のかんたん感想

すべての感想数:1,364

この作品をシェア

pagetop