プロフィール

汐見 夏衛
【会員番号】565522
〈単行本〉
夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく
だから私は、明日のきみを描く
まだ見ぬ春も、君のとなりで笑っていたい
明日の世界が君に優しくありますように

〈スターツ出版文庫〉
海に願いを風に祈りをそして君に誓いを
あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら

〈特集・おすすめ掲載〉
きっと、君だけは愛せない
おふたり日和
洋食ものぐさ亭
半径1メートル以内、立入禁止。
めんどくさがりの南くん

レビューリスト

「君」とは誰のことか。

君のために。という、シンプルながらも目を惹かれるタイトル。

このタイトルの「君」とは、一体誰のことなのか?
考えながら読んでみると楽しいのではないかと思います。
きっと予想を裏切られるのではないでしょうか。

主人公の奈々が、ただのクラスメイトである幸野君と、目的もゴールも明かされない不思議な旅をしているシーンから始まります。

二人の絶妙な距離感と軽快な会話を楽しんでいると、少しずつ話の全貌が明かされていって、
次第に、奈々の切ない恋の模様が見えてきます。

大切な幼馴染と同じ人を好きになってしまう。
大切だからこそ言えなくて、でも苦しくて。

そんな思いに共感しながら読み進めると、最後には、思いもよらなかった真実が明らかになります。

先が気になって読む手が止まらない、すばらしい構成の作品でした!

2016/12/08 00:25
恋愛・青春 130ページ ・総文字数79,582

フォロー中のユーザー

    まだフォロー中のユーザーはいません。
pagetop