あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。のレビュー一覧

平均評価星数 ★★★★★ 5.0
★★★★★
投稿者: aさん
感動ものです。

いつ何回見てもやっぱり戦争ものの物語が
すきな私からしたら最高の小説でございます。
とても感動するし細かく大事なところが書いてあり、この小説を見る度に頑張ろう、変わりたいって思う気持ちになれます。作者様が書いたこちらの小説は私にとって初めて魅力的で支えになる小説です。ありがとうございます>_<

2019/11/05 06:39
★★★★★
投稿者:楪 萌さん
ネタバレ
74年前の痛みと悼み
内容を見る
2019/10/31 08:08
★★★★★
投稿者:天城さくやさん
すべての人に

こんなにも全ての人に読んでもらえたら、と思った作品に出会えて感涙しています。本当に今までで一番泣きました。私も戦争の物語をよく読みます。埼玉の入間基地で桜花を見た時には胸が詰まりました。二度と、こんな悲しみを繰り返す国にならぬように、忘れてはいけないと切に願うばかりです。

2019/04/17 14:18
★★★★★
投稿者:piochanさん
何度でも

何度読んでも考えさせられる物語です。
ふとした時に「あ、また読みたいな…」と思い、
毎回泣いてしまいます。
ぜひ、機会があれば彰sideからのお話も読んでみたいです!

2019/04/16 20:20
★★★★★
投稿者:まさ◯さん
私の人生にとても影響のあった題材でした。

20年程前、新聞で特攻隊員の方の記事を読みました。艦隊へ突っ込んだけど、失敗してその隊員の方はもう亡くなっていたそうです。米艦隊があまりにも若い特攻隊員に同情し、丁寧に埋葬?し、その時の遺品が遺族に帰ってきたという記事でした。その特攻隊員の方が鹿児島の鹿屋から飛び立ったと記事にあり、どうしても行きたくなり鹿屋にある資料館へ行きました。そこで、元『予科練』だった方が館内を案内してくれました。色々な話を聞き、近くにある慰霊塔にも連れていってくれました。その時の話や展示してあったゼロ戦など、とても印象に残っています。その鹿児島に行った事が縁で、地元の鹿児島料理のお店で働きその縁で旦那と結婚し子供も出来ました。色んな縁で出来た幸せです。子供達にも『死ぬ』と言う言葉を、どうかもっと重く感じて欲しいと感じた作品です。

2019/02/27 12:29
★★★★★
投稿者:眞月さん
生きていくということ。

この物語を読んで、改めて戦争について考えさせられました。当時はこんな事もきっとあったんだろうな、と胸が苦しくなって、ティッシュが手放せなかったです(笑)
読んだあと、戦争について自分なりに知りたいと思いました。
改めてこんなに綺麗なお話を書いて下さりありがとうございました!心が洗われました。

2018/10/14 23:55
★★★★★
投稿者:kyazuさん
泣き😢

ボロ泣きで目が腫れました😭

2018/08/14 07:28
★★★★★
投稿者:鈴城菜月さん
ネタバレ
大好きです
内容を見る
2018/05/09 15:42
★★★★★
投稿者:湧水 そうまさん
ネタバレ
百合と彰の想いに感動。
内容を見る
2018/02/24 12:24
★★★★★
投稿者:blue➳skyさん
何度読んでも泣いてしまいます

以前もレビューをした者です( 笑 )
この作品は私の中でとても特別で、何度読んでも涙が勝手に流れてきてしまいます。
こんな素敵な作品を書かれた汐見夏衛様に聞いて頂きたい曲があります。
Halo at 四畳半 というインディーズバンドの『アンドロイドと青い星の街』です。
この曲を聴くとこの作品が浮かび、また涙してしまいます。
もし聴いてくださり、全然こんなんじゃないよ!ってなったらすみません( 笑 )
是非聴いていただきたいです!
長々と失礼いたしました_(._.)_ 
これからも応援しています!!
頑張ってください\♥︎/

2017/03/08 12:18
★★★★★
投稿者:桜風舞雪さん
ネタバレ
感動
内容を見る
2017/01/06 08:59
★★★★★
投稿者:繭穂さん
ネタバレ
戦争時代の思い
内容を見る
2016/12/28 02:18
★★★★★
投稿者:向日葵 咲さん
ネタバレ
願う。
内容を見る
2016/10/19 02:54
★★★★★
投稿者:みおりんたむさん
時代というもの

戦争を感じた人にしか分からないこと。戦争の辛さを、悲しみを、切なさを。改めて感じることが出来ました。
何年たっても人を愛する心は変わらないんだと思いました。
本当に最高の物語です。

2016/10/02 23:09
★★★★★
投稿者:e-mailさん
何度読んでも泣ける

私はもうすぐ、沖縄へ平和学習の修学旅行に行きます。一年ほど前に、この作品に出会い大号泣しながら、読みました。
つい先日、その平和学習の事前学習ということで、戦争について講義をきき、もう1度この作品を読みたいと思って来ました。
やはり、何度読んでも泣けます。戦争の苦しさを繊細にかかれていて、この作品に出会えてよかったと思います。
彰の愛の深さが沁みました。

2016/09/21 23:01
★★★★★
投稿者:桐咲 莉結さん
ネタバレ
感動して泣きました!
内容を見る
2016/07/31 16:05
★★★★★
投稿者:成瀬 望さん
ネタバレ
大号泣しました……!!
内容を見る
2016/07/29 17:24
★★★★★
投稿者:まえだ ゆずはさん
心が綺麗になった気がしました。

すっごく退屈だった授業中に書籍化情報で見つけて読み始めました。いつもは本になるのを読んだりしないんですが、なんだか惹かれて…。でも読み始めてから、こんな時間に読んだことを後悔しました。だって、すっごく感動できる話だったから。授業中、机の下でこの話を読みながら、何度も目元を拭いました。涙がこぼれないようにするのに必死でした。それくらい百合の彰に対する思いに、彰の特攻に向ける思いに心を奪われました。私は何をしてるんだろうって、本当に思って、不真面目だった自分が恥ずかしくなりました。でも、本当にこの作品に出会えてよかったです。本も絶対買います!

2016/07/12 09:55
★★★★★
投稿者:夢雨さん
教科書には載らない

つらくて、何度ページをめくるのをやめようかと思っただろう。それでも止まらず、何度も涙で文字が滲み、画面にしずくが落ちました。

百合と同じように、私も戦争のことは社会科や歴史の授業で学びました。でも、それがいかに機械的で表面的なことであったかを、痛烈に思い知りました。
人間が、生きていた。想いをもって、生きていた。彰という名前があった。泣いたり笑ったりしていた。そこにはたしかに、教科書には決して載らない温度があったんです。

70年前。そう遠くもないなあと思います。私と同い年、あるいはそれよりうんと若い命が、誇りを胸に散っていく。なんて愚かな、悲しいことなんだろう。
できればこの国に生まれた人全員に読んでほしい。そして彼らの温度を感じてほしい。きっと読後は、新しい世界が広がっています。

2016/06/19 21:50
★★★★★
投稿者:りぃちぽさん
感動しました。

とても感動しました。泣きました。言葉では表せないくらいのいい話でした。命の大切さを改めて感じました。

2016/06/04 15:42
pagetop