月がてらす道

青春・恋愛

紬 祥子(旧・夏原千香)/著
月がてらす道
作品番号
1659261
最終更新
2022/02/12
総文字数
97,817
ページ数
54ページ
ステータス
完結
いいね数
2
ランクイン履歴

総合59位(2022/02/22)

青春・恋愛29位(2022/02/19)

ランクイン履歴

総合59位(2022/02/22)

青春・恋愛29位(2022/02/19)

一度だけの思い出──そして、7年後の再会。

両片想い男女の、すれ違い恋愛譚。
あらすじ
半年前に前職を辞め、再就職したばかりの広野尚隆、29歳。
その会社への出勤初日、思いがけない人物と会ってしまった……システム課主任の須田みづほ。
大学時代、サークルが一緒だった同期生であり、一度だけ男女の関係になった相手。卒業までろくに話すこともなく別れて、以来7年ぶりの再会である。
過去のいきさつ上、後ろめたさもあり、尚隆は緊張したのだが、みづほの態度はそつなく平然としたもので──?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop