花びら降り積もり…

作品番号 1657426
最終更新 2022/01/24

花びら降り積もり…
恋愛・青春

23ページ

総文字数/ 28,244

片想いってきっとショーケースの中の宝石を見ているのと同じ。
あなたの知っている面は少しだけなのに、なぜこんなに好きになれたのかな。
でも、片想いってどんどん苦しくなるなんて知らなかった。
恋も受験も上手くいかない。
私は自分の想いに焼かれそうだ。
あらすじ
高校生初のイベントで偶然隣にいた背の高い男子。
自分がその男子に恋に落ちるなんて思ってもいなかった。
でも、好きになるほどどんどん欲張りになって、苦しくなって、変な行動して。空回り。
「友達になってください」という告白はずるくて。
だから罰が当たったのかな。

彼にとって私はいったいどんな存在だったのだろう。

私は今も後悔している。
安部君の心が自分にないのなら諦めればよかったんだ。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop