広い世界の片隅で、明日もきみは生きてゆく。

青春・恋愛

水月つゆ(水沢ゆな)/著
広い世界の片隅で、明日もきみは生きてゆく。
作品番号
1657101
最終更新
2022/04/16
総文字数
118,679
ページ数
121ページ
ステータス
完結
いいね数
69
ランクイン履歴

総合12位(2022/04/28)

青春・恋愛3位(2022/04/22)

ランクイン履歴

総合12位(2022/04/28)

青春・恋愛3位(2022/04/22)



──消えたい。

そう思っていた私に、声をかけたのは見知らぬ男の子だった。
あらすじ
高校受験に失敗した主人公、高野美月(たかのみずき)は挫折を経験して毎日を無駄に過ごしていた。学校も家族も、全部うまくいかない毎日に自暴自棄になって、屋上に駆け上がる。そんなある日「死ぬつもり?」と声をかけられる。それが伏見千聖(ふしみちひろ)との出会いで、それから何かと声をかけられる。初めは拒絶していたけれど少しずつ話していくうちに距離が縮まる。が、彼がふと見せる悲しそうな瞳が気になって……?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:70

水月つゆ(水沢ゆな)さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop