桜の下で会いましょう

作品番号 1640652
最終更新 2021/08/04

桜の下で会いましょう
ファンタジー

264ページ

総文字数/ 106,229

ランクイン履歴:総合65位 (2021/07/31)

待てといふに



散らでしとまる物ならば



なにを桜に



思ひまさまし




(待ってくれと言うのに対して、散らずに枝に留まるものであるならば、何物を桜の花以上に慕おうか)

あらすじ
双子の兄・藤原咲哉に扮して宮中に参内することになった左大臣家の姫・依楼葉。ある花見の夜一日だけ女房になった依楼葉は公達と出会う。だがそれは時の帝・五条帝だった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop