死に戻り悪霊妃は、後宮で〈連理の姫〉を探す

後宮ファンタジー

香月文香/著
死に戻り悪霊妃は、後宮で〈連理の姫〉を探す
作品番号
1701804
最終更新
2023/07/10
総文字数
31,997
ページ数
21ページ
ステータス
完結
いいね数
14
ランクイン履歴

総合26位(2023/07/17)

後宮ファンタジー4位(2023/07/16)

ランクイン履歴

総合26位(2023/07/17)

後宮ファンタジー4位(2023/07/16)

役人だった父が政争に負けたため、家族まとめて処刑されることになった蔡(さい)詩夏(しか)。

しかし両親は詩夏を見捨て、美しい方の姉だけは助けて欲しいと嘆願し、皇帝もそれを受け入れる。

涙ながらのお別れをする両親と姉を見ながら、詩夏は死に際に祈るのだった。

——次は、一人で死なずに済むくらい美しく生まれますように!

その願いが叶ったのか、詩夏は十七年後の後宮に、美しき最下級妃として生まれ変わる。
ただし、最下級妃の願いを叶えなければ消えてしまう悪霊として。

その願いとは、国を豊かにするという「連理の姫」を探すこと。

消えたくない詩夏が連理の姫を探す中、生前面倒を見ていた皇子が皇帝となって詩夏に迫ってきて——?

「愛している、詩夏姐」
(私が美しくなくても、あなたは私を愛してくれたの?)

これは美しい姉「ではない方」の女の子が愛されるお話。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

転生物語でとても面白かったです。転生前に助けた皇子が、転生後には傀儡ながら皇帝になっていながら、一途にその皇子時代に世話になった妃を想い続け、琴の音色から、その妃が甦ったと知ると、求婚する姿と、諸悪の根源に復讐する所謂『ざまぁ』の展開も、私の心に爽快さを与えてくれました。

2023/11/28 10:54

この作品のひとこと感想

すべての感想数:25

香月文香さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop