海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを

作品番号 1495513
最終更新 2018/09/03

海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを
恋愛・青春

241ページ

総文字数/ 128,865

無邪気な君は
いつだって神様を信じてたけど

私は神様なんかいないって思ってた


だって運命はこんなにも残酷で
人生は悲しくてつらいことばかり


でも――

もしも本当に神様がいるのなら


どうか神様、お願いです

もうこれ以上
彼に悲しい思いをさせないで

私の大切な彼を
あなたを信じ続けた彼を
どうか幸せにしてあげて


私のぶんの幸せを
全部あげたってかまわない

だから、どうか、どうか――

あらすじ


舞台は、小さな海辺の町。

優等生でしっかり者だけど照れ屋で天の邪鬼な凪沙と、おバカで底抜けに明るく凪沙のことが大好きな優海は、幼馴染で恋人同士。

二人は過去のある出来事から、特別な深い絆で結ばれている。

でも、ある夏の朝、一つの決意を胸に目覚めた凪沙は、その日を境に優海に対する態度を一変させる。

そこには悲しい秘密が隠されていた。


《2018年8月スターツ出版文庫》

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:さーと。さん
ありがとう
続きを見る

なんて言えばいいか分かんないんですけど ありがとうって気持ちです。

2019/03/17 16:49
★★★★★
投稿者:氷高 ノアさん
ネタバレ
予想外
レビューを見る

2018/09/30 21:45
★★★★★
投稿者:∞HΛL∞さん
ネタバレ
ありがとうございました!
レビューを見る

2018/09/04 22:14

この作品の感想ノート

とても感動しました。小説でこんなに泣いたのは初めてです。
優海の優しさに触れながら優海と一緒に過ごせた日々は、凪沙にとって幸せだったと思います。
だから自分が死ぬと分かって生きていて辛かったでしょう。
最後の凪沙から優海へのメッセージが心に残ります。
こんな素晴らしい作品に出会えてよかったです。

おもちさん
2021/06/28 22:44

こんちには、これまで、夜が明けたら一番に君に会いに行くから、何冊か本を読ませてもらいました。どの作品も身近に起こるかもしれないとても近くに感じで共感できる作品でした。明日の世界が君に優しくありますように。を読んで、そこで出てきたゆうさんの過去の物語があると知り前々から読んでみたかったのですが、なかなか見つけることできず読むことができていませんでした。今回この作品を読んですごく感動しました、涙が止まらなくなりました。また明日の世界が君に優しくありますようにを読みたくなりました。いつも感動の作品をありがとうございます。これからも全力で応援します。
素敵な作品をありがとうございましたm(__)m

たこ!さん
2020/12/07 12:19

ラスト、すごく泣きました。
死ななければいけない。自分は死ぬ運命なんだ。とそう思いながら生きていた凪沙を心から尊敬します。また、大好きな凪沙を失ってしまった優海が、凪沙からのメッセージで生きようと思えるところ、すごく感動しました。
大切な人を失った時の悲しさ、辛さ、苦しさが全てこの作品のラストに詰まっていました。
こんな素晴らしい作品を描いている汐見先生のことをすごく尊敬しています。私は文章を書くのがすごく下手なので、たくさんの人を感動させている先生のことがすごく羨ましいです。。。
素敵な作品をありがとうございます。
これからも応援しています。

smileさん
2020/05/18 16:51

この作品のひとこと感想

すべての感想数:412

この作品をシェア

pagetop