海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを

作品番号 1495513
最終更新 2018/09/03

海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを
恋愛・青春

241ページ

総文字数/ 128,865

無邪気な君は
いつだって神様を信じてたけど

私は神様なんかいないって思ってた


だって運命はこんなにも残酷で
人生は悲しくてつらいことばかり


でも――

もしも本当に神様がいるのなら


どうか神様、お願いです

もうこれ以上
彼に悲しい思いをさせないで

私の大切な彼を
あなたを信じ続けた彼を
どうか幸せにしてあげて


私のぶんの幸せを
全部あげたってかまわない

だから、どうか、どうか――

あらすじ


舞台は、小さな海辺の町。

優等生でしっかり者だけど照れ屋で天の邪鬼な凪沙と、おバカで底抜けに明るく凪沙のことが大好きな優海は、幼馴染で恋人同士。

二人は過去のある出来事から、特別な深い絆で結ばれている。

でも、ある夏の朝、一つの決意を胸に目覚めた凪沙は、その日を境に優海に対する態度を一変させる。

そこには悲しい秘密が隠されていた。


《2018年8月スターツ出版文庫》

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:さーと。さん
ありがとう
続きを見る

なんて言えばいいか分かんないんですけど ありがとうって気持ちです。

2019/03/17 16:49
★★★★★
投稿者:氷高 ノアさん
ネタバレ
予想外
レビューを見る

2018/09/30 21:45
★★★★★
投稿者:∞HΛL∞さん
ネタバレ
ありがとうございました!
レビューを見る

2018/09/04 22:14

この作品の感想ノート

めちゃ、感動しました。
最後のなぎさが優海に送った動画とか。「自分の分まで幸せになってね」とか、凪沙の優しさが見えます。

nsさん
2022/04/10 17:47

最後、凪紗が優海に送った動画のところで号泣しました。小説でこんなに泣いたのは初めてで自分でもすごく驚いています。とっても面白く、2人の初々しい恋が可愛かったです。最後は悲しい結末になってしまってずっと泣いてたけど、2人の思いが沢山詰まっていてとても感動しました。改めて命の尊さについて考えさせられました。この本に出会えて本当によかったです。

はるさん
2022/02/03 22:20

とても感動して、今、涙でいっぱいです。
凪沙の優しさと、優海への愛の大きさ、優海の凪沙への想い、凪沙を想う行動など全てに、感動しています。
汐見夏衛先生の本がとても好きです。本当にこの本に逢えて良かったです。
これからも頑張ってください!

2022/01/16 14:50

この作品のひとこと感想

すべての感想数:684

この作品をシェア

pagetop