海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを

作品番号 1495513
最終更新 2018/09/03

海に願いを 風に祈りを そして君に誓いを
恋愛・青春

241ページ

総文字数/ 128,865

無邪気な君は
いつだって神様を信じてたけど

私は神様なんかいないって思ってた

だって運命はこんなにも残酷で
人生は悲しくてつらいことばかり

でも――

もしも本当に神様がいるのなら

どうか神様、お願いです

もうこれ以上
彼に悲しい思いをさせないで

私の大切な彼を
あなたを信じ続けた彼を
どうか幸せにしてあげて

私のぶんの幸せを
全部あげたってかまわない

だから、どうか、どうか――

あらすじ


舞台は、小さな海辺の町。

優等生でしっかり者だけど照れ屋で天の邪鬼な凪沙と、おバカで底抜けに明るく凪沙のことが大好きな優海は、幼馴染で恋人同士。

二人は過去のある出来事から、特別な深い絆で結ばれている。

でも、ある夏の朝、一つの決意を胸に目覚めた凪沙は、その日を境に優海に対する態度を一変させる。

そこには悲しい秘密が隠されていた。


《2018年8月スターツ出版文庫》

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:さーと。さん
ありがとう
続きを見る

なんて言えばいいか分かんないんですけど ありがとうって気持ちです。

2019/03/17 16:49
★★★★★
投稿者:氷高 ノアさん
ネタバレ
予想外
レビューを見る

2018/09/30 21:45
★★★★★
投稿者:∞HΛL∞さん
ネタバレ
ありがとうございました!
レビューを見る

2018/09/04 22:14

この作品の感想ノート

ラスト、すごく泣きました。
死ななければいけない。自分は死ぬ運命なんだ。とそう思いながら生きていた凪沙を心から尊敬します。また、大好きな凪沙を失ってしまった優海が、凪沙からのメッセージで生きようと思えるところ、すごく感動しました。
大切な人を失った時の悲しさ、辛さ、苦しさが全てこの作品のラストに詰まっていました。
こんな素晴らしい作品を描いている汐見先生のことをすごく尊敬しています。私は文章を書くのがすごく下手なので、たくさんの人を感動させている先生のことがすごく羨ましいです。。。
素敵な作品をありがとうございます。
これからも応援しています。

ma do kさん
2020/05/18 16:51

泣きました。
こんなにぼろぼろ涙が出てきたのなんて久しぶりってくらい自然に泣きました
心が浄化されていくようです、、
最後まで優海を思っていた凪紗が切なすぎて胸がきゅうってしました…
物語の構成がしっかりしていて読みやすかったです
最後の最後凪紗が少しだけ目覚めたのもすっごい泣きました
最期の言葉が忘れてなんてどこまでも優海思いだと、溢れる愛を感じました
最後は結ばれる、助かると思っていたけれど、悲しいけれどこのラストがすごくしっくりきました
エピローグに入ってから優海の視線で書かれていて、また泣きましたw
優海の心には一生凪紗がいるであろうし、後悔はいつまでもしているとは思いますが、幸せになって欲しいです…
本当に素敵な作品でした、ありがとうございます
読めたことが嬉しいです
これからも応援しています

2020/05/07 13:39

全部作品読ませて頂いてます。全部感動して、私も汐見先生みたいな小説家になりたいと思っています。


この作品を読むと、心が浄化されて涙が止まりません。ラストのシーン、五回は読みました!これからも、応援しています。

2020/03/21 22:57

この作品のかんたん感想

すべての感想数:191

この作品をシェア

pagetop