レジーナ嬢の憂鬱

作品番号 1712278
最終更新 2023/12/17

レジーナ嬢の憂鬱
ヒューマンドラマ

13ページ

総文字数/ 24,090

1800年代、ロンドン。
高級住宅街に、セカンドハウスを持つ、男爵家令嬢のレジーナは、婚約者ディブの放蕩ぶりから、自身の資産を守ることで頭が一杯だった。借金を作るたび、ディブは、レジーナへたかって来るからだ。

今年も、ロンドンに社交界パーティーシーズンが訪れ、レジーナは、管理するセカンドハウスを、パーティー会場として貸し出そうとする。しかし、いつも、借り手が付かず難航する屋敷、今年は借り手が現れるのかと、危惧していると、ディブが借り主を探して来た。

ディブの紹介という所が、引っかかったが、案の定、借り主は怪さ満々。

癖がありすぎる使用人達とレジーナは、借り主の素性を暴く為立ち上がる?!
あらすじ
貴族令嬢レジーナは、たかりや婚約者から資産を守るため、癖の強い使用人達と手を結ぶ!

19世紀英国ロンドン、貴族のドタバタ日常物語。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop