【お知らせあり】薄桜色の花嫁

あやかし・和風ファンタジー

春月みま/著
【お知らせあり】薄桜色の花嫁
作品番号
1696624
最終更新
2023/07/27
総文字数
51,593
ページ数
15ページ
ステータス
未完結
いいね数
81
ランクイン履歴

総合6位(2023/05/24)

あやかし・和風ファンタジー2位(2023/05/21)

ランクイン履歴

総合6位(2023/05/24)

あやかし・和風ファンタジー2位(2023/05/21)

【お知らせ】
いつも作品を読んでくださりありがとうございます。
こちらの作品は連載形式になっていますが、ただいま原稿の執筆中の為、一時掲載をストップしています。
落ち着きましたら必ず再開しますのでお待ちいただけたら幸いです。
あらすじ
文明開化が目覚ましい時代。
異能の家系に生まれながらも異能を受け継がず、薄桜色の髪をもつことから『異端の子』と呼ばれ周囲から虐げられてきた美藤花。
ある日、家族の逆鱗に触れ屋敷から飛び出し追われる身となる。
追い詰められる花に救いの手を差し出したのは数多ある異能持ちの名家の中で最高位に君臨する斎園寺家の当主、燈夜だった。

*連載作品です*
*小説家になろうでも掲載しています*

この作品の感想ノート

私も執筆活動を始めてから浅く、右往左往しながら、小説を書いています。美しさと、伝えたいこと、整合性をとろうとすると難しいですよね。しかし、春月さんの文章はスッと入ってきました。
お互いに頑張りましょうね☺️
続話楽しみにしております♪

2023/06/22 23:20

読みやすく、とても美しい文章で今後が気になります。

2023/06/22 08:08

大変ロマンティックで美しい運命の証ですね。唯一の相手として見出され愛され安心感を得ていく主人公の姿を応援しながら読み進めました。ヒーローは無論、ヒーローの周りの人々の優しさが主人公の心を癒す様が温かいです。
文明開化の時代に迫る厄災とは何か。主人公の髪の色や『異能が無い』所以は如何なるものか。主人公とヒーローよ、どうか幸せであれと思いつつ、互いが思い合う様を見守る気持ちです。

2023/05/06 19:52

この作品のひとこと感想

すべての感想数:48

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop