【書籍発売記念SS更新】後宮の嫌われ白蛇妃〜推し活をしていたら愛されちゃいました〜

作品番号 1657221
最終更新 2023/01/27

【書籍発売記念SS更新】後宮の嫌われ白蛇妃〜推し活をしていたら愛されちゃいました〜
[原題]後宮の嫌われ白蛇妃〜推しのためなら悪意も美味しくいただきます〜
後宮ファンタジー

21ページ

総文字数/ 156,534

ランクイン履歴:

総合:1位(2023/01/20)

後宮ファンタジー:1位(2023/01/17)


白き大蛇と生贄花嫁による禁忌の異類婚姻で生まれた『白蛇の娘』には、〝悪意をあやつる異能〟がある――。


十六歳になったばかりの苺苺(メイメイ)は皇太子妃候補として、絶世の美青年と噂の皇太子がおさめる後宮に召集される。
だが肝心の皇太子は病に臥せっており、後宮には不在。

そんな中、苺苺は真珠色の白髪に紅珊瑚の瞳という美しくも特殊な容姿と、生まれながらに持つ〝悪意をあやつる異能〟のせいで不平等な選定の末に〈最下級妃〉の位を与えられて、灰かぶり離宮に押し込められてしまう。

しかし後宮中から〝白蛇〟と呼ばれて明らかに虐げられる日々の中、苺苺は不遇に屈しなかった。
たとえ離宮付きの女官が皆、初日で逃げ出そうともだ。


「はーっ。ここならついうっかり他のお妃様と鉢合わせして、めくるめく後宮の愛憎劇に巻き込まれる心配もありません。極楽ごくらく! じゃじゃーん、できましたわ! 苺苺特製、木蘭様ぬいぐるみ!」


なんと明るく変わり者の苺苺は、最上級妃となった訳あり幼女・木蘭(ムーラン)を推しとして崇め奉り、最近女官の間で流行している妃嬪応援活動――略して推し活を嗜みながら、全力で異能を使って木蘭に降りかかる後宮妃たちの悪意を祓い、離宮生活を謳歌していたのである。

けれどその全力の推し活が、木蘭の秘密――実は皇太子・紫淵(シエン)が〈怪異に巻き込まれた末の姿〉であることを明らかにしてしまい……!?


「君は俺が木蘭の姿ではなくなった途端に態度が変わるな」
「紫淵殿下は推しじゃないです。不合格ですっ」


美貌の皇太子殿下 × 白蛇と虐げられても前向きすぎる最下級妃の、中華後宮シンデレラストーリー。



◆書籍版は加筆し、後日談を加えた内容になっております。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:34

この作品をシェア

pagetop