破壊姫

作品番号 1645711
最終更新 2021/08/14

破壊姫
恋愛・青春

51ページ

総文字数/ 109,194

破壊姫
あらすじ
中学の時、優等生だった萩上千鶴。

もう二度と会うことは無い。

そう思っていた。

彼女と再会した時、僕は大学生になっていた。

彼女は、落ちぶれていた。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop