鬼寮母の土方さんは意外にやさしい

作品番号 1631343
最終更新 2021/08/04

鬼寮母の土方さんは意外にやさしい
恋愛・青春

111ページ

総文字数/ 62,616

ランクイン履歴:総合16位 (2021/08/02)


幕末に実在したという、新選組副長・土方歳三。

「俺のホトガラが、こんなちっせえ箱の中に……」

「隊務尻っ屁とはなんだ」

「江洲得ぬ江洲とは?」

現代での役職は、学生寮寮母
趣味は料理。
そして俳句や殺陣動画をSNSにUPすること

とっても変だけど、とびきり美男でとびきり熱く、女性にはとびきり優しい。
でも、好きになってはいけません。

「近藤さんに会いてえなあ……」

時代を隔てた恋は、前途多難です。


あらすじ
事情があり、学生寮で働いている美晴は、嵐の夜に裏庭に倒れていた男を保護する。
なんとその男は、幕末からタイムスリップしてしまった新選組副長・土方歳三だった。
現代の暮らしに馴染み、楽しんでいるような土方だが、時折幕末への執着を見せる。
危なっかしい土方に、美晴は惹かれていくが……。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:9

この作品をシェア

pagetop