3度目に、君を好きになったとき

作品番号 1597919
最終更新 2023/01/16

3度目に、君を好きになったとき
青春・恋愛

182ページ

総文字数/ 82,375

ランクイン履歴:

総合:77位(2021/08/16)

青春・恋愛:27位(2022/08/13)

……消し去りたい過去がある。

忘れたいあの記憶が
知らないうちに無くなってくれたらいいのに。


「俺がその記憶を消してあげようか」


私は、ある人と契約を交わし
いくつかの記憶を消してもらった。

大好きな先輩に嫌われないように。
そして、もっと自分自身を好きになれるように。


……蓮先輩。

先輩の描くあの空を、
ずっと好きでいてもいいですか?

*

何度、この気持ちを消しても
――また君に恋をする。


あらすじ
 伯王高校に入学した理由は、中学のときから憧れている柏木蓮先輩がいるから。けれど先輩にはすでに彼女がいたらしく、傷ついた結衣は先輩への想いを消したいと願うようになる。
 そんなとき「俺ならその記憶を消すことができる」と同級生の真鳥に話を持ちかけられ、先輩への恋心を消してもらうことに……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:13

この作品をシェア

pagetop