猫と恋は、ときどき優しい

作品番号 1580766
最終更新 2019/11/28

猫と恋は、ときどき優しい
ファンタジー

50ページ

総文字数/ 30,715

ランクイン履歴:総合9位 (2020/02/24)

都会の一角、外階段の踊り場で、
資子は不思議な白猫と出会った。

『私の話を聞いてくれる?』

普通のOL、有水資子の恋と、
金目銀目の白猫、又吉との物語。


あらすじ
オフィスビル外階段の踊り場は、資子の隠れ処。
ある日、金目銀目の白猫が現れた。
仕事の愚痴や、淡い恋の話を聞いてもらっていたけれど……。

【その、“白猫ちゃん”って言うのやめろよ】

自分を又吉だと名乗る彼は、まるで人生の先輩のように語りはじめた。

普通のOL、有水資子の恋と、又吉との物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

白亜凛さま

今回も素敵なお話をありがとうございました!
もとこさん、良かったー!
又吉さんとは巡り会う運命だったのですね。
ズバッと言うけど甘やかしてくれる又吉さん、理想です。(じゅるっ)
恋愛重視の他サイトが主だったのですが、これからはこちらでも白亜さんを追っかけさせていただきます!

2020/04/24 13:50

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop